« タクティクスオウガ運命の輪 今週発売 | トップページ | 本日発売 タクティクスオウガ運命の輪 »

2010年11月10日 (水曜日)

民主党倒閣へなるか? 現代の大塩平八郎?

大塩平八郎の乱。石垣島住民の苦難を思い民主党幕府に対して・・・

海上保安官「誰にも相談せず一人でやった」

「全く想像せず」=海保、重苦しく―神戸に「激励」殺到

選挙は地元の意向が強く働くが、これで民主党は難しくなったのか、それともクレムリン式にsengoku体制で乗り切るのか。核密約は公開し尖閣諸島は非公開(未来に公開?)。官僚の持つ情報を公開して、国民の審判を仰ぐのが筋(民主主義)。さて、いつ「公開する予定」だったのだろう。そんなものは初めからなかった?

<尖閣映像流出>海保職員逮捕へ ネットに職員擁護意見相次ぐ 批判的意見も

sengoku長官責任の押しつけ合いに参加。初手を間違ったのは誰だ? 【海保職員「流出」】仙谷氏「海保長官に重い責任」 馬淵国交相については否定

世論の曲解 なぜ自民党は大敗したのか (光文社新書) Book 世論の曲解 なぜ自民党は大敗したのか (光文社新書)

著者:菅原 琢
販売元:光文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

仙谷氏:海保職員による映像流出、故意なら由々しい事案(Update2)

世論は職員に寛大な措置を取るよう求める声が多いとの質問に対しては「国民のうちの過半数がそう思っているとはまったく思っていない。いろんな事件が起これば、けじめのついたしかるべき措置をしてもらいたい、という健全な国民が圧倒的な多数だと信じている」との見方を示した。

まずは船長から始めようか。

腹を切るのは内閣になるのかな。切っても良いと思うけど。しかし小沢は負けて良かったのかもしれない。運があるのも政治家の能力。

自民党長期政権の政治経済学―利益誘導政治の自己矛盾 Book 自民党長期政権の政治経済学―利益誘導政治の自己矛盾

著者:斉藤 淳
販売元:勁草書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« タクティクスオウガ運命の輪 今週発売 | トップページ | 本日発売 タクティクスオウガ運命の輪 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/37613119

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党倒閣へなるか? 現代の大塩平八郎?:

« タクティクスオウガ運命の輪 今週発売 | トップページ | 本日発売 タクティクスオウガ運命の輪 »