« 『タクティクスオウガ 運命の輪』 ファーストインプレッション | トップページ | 紅白発表 superflyなし »

2010年11月18日 (木曜日)

「暴力装置」は学術用語であり、左翼用語である・・・らしい

仙谷官房長官:「自衛隊は暴力装置」 すぐに訂正「実力組織」

仙谷も蓮舫も失言…民主ボロボロ末期症状 みんな渡辺「左翼のDNA」

「暴力装置」という表現は、ロシア革命で主導的役割を担ったレーニンの著書「国家と革命」に出てくるほか、かつて自衛隊を違憲と批判する立場から使用されてきた経緯もある。

学術用語。軍隊・警察を暴力装置と呼ぶのは正しい。マックス・ウェーバー(社会学)が言ったそうだ。

政治用語。憲法と米軍との絡みになる。自衛隊が暴力装置ならイコール軍隊と連想が行く。9条では戦力を持てないとしているし、そもそも憲法解釈で軍隊とは言っていない。さらに米軍(安保)との絡みで軍隊なら外(海外の軍事作戦)に出せと言われる可能性がある。直近だとアフガニスタンが有力。給油で誤魔化していたけど今はやっていない。

自民党が対米政策として頑なに軍隊を否定していたのに、この発言で踏み込んでしまったととらえるのが正しいのか?戦後のフィクション(平和憲法を含む)を壊したのはいいけど、次にくる現実は最も醜い物になるよ。

それから、学生運動から派生した権力批判としての暴力装置という左翼用語があるとか。古い世代に共有される用語。国会は古い世代が多いから。若いジャーナリスト(50歳以下?)にはこの文脈が読めてない模様。

軍事用語。暴力装置ではなく実力組織が正解らしい。「暴力」は悪の匂いがあるので言い換えているのかも。自衛隊に暴力組織と言ったらそらいやだな。言霊の国だから。軍事用語では殺せとは言わない。人は人を殺せないので、別の言い方(直接的な表現は避ける)で言っているらしい。

たった一つの用語でこれだけ論点があるが皆さんはどの論点?

職業としての政治 (岩波文庫) Book 職業としての政治 (岩波文庫)

著者:マックス ヴェーバー
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

戦争における「人殺し」の心理学 (ちくま学芸文庫) Book 戦争における「人殺し」の心理学 (ちくま学芸文庫)

著者:デーヴ グロスマン
販売元:筑摩書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

1968年 (ちくま新書) Book 1968年 (ちくま新書)

著者:スガ 秀実
販売元:筑摩書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「言霊の国」解体新書 (祥伝社黄金文庫) Book 「言霊の国」解体新書 (祥伝社黄金文庫)

著者:井沢 元彦
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

最近新訳化が進んでいる。

職業としての政治 職業としての学問 (日経BPクラシックス) Book 職業としての政治 職業としての学問 (日経BPクラシックス)

著者:マックス・ウェーバー
販売元:日経BP社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 『タクティクスオウガ 運命の輪』 ファーストインプレッション | トップページ | 紅白発表 superflyなし »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/37723636

この記事へのトラックバック一覧です: 「暴力装置」は学術用語であり、左翼用語である・・・らしい:

« 『タクティクスオウガ 運命の輪』 ファーストインプレッション | トップページ | 紅白発表 superflyなし »