« 暗記には小テストが有効 | トップページ | 休日に似合う曲 »

2010年10月15日 (金曜日)

電子書籍に必要なものは機械を含めたトータルのサービス

進化する「GALAPAGOS」で世界へ シャープの電子書籍端末、早期に100万台目指す

箱だけではなくトータルのソリューション。アップルは音楽を餌に機械を売っているハード屋さん。しかし工場は持っていない。ソフトとハードを組み合わせ、さらにネットをくっつけて売っている。ソフト、ここでは音楽限定するが利益を出していない。データセンターを作っていると言われているので、また何かしそうな気がするが。

日本はどっかが利益を求めて突破しないと駄目だろうなあ。既存の枠組みと完全にぶつかるから。かつてのソニーのように。ソニーはオーディオ部門と音楽部門があって対立したらしい。よってあのへんてこなファーマットが出来たところに、アップルが全部持っていった。CDも売れなくなった。縮小する中で血を出して利益を取りに行かないと全部持って行かれるのが今の商売。

音頭取りをして出来たつまらないサイトが出来て終わるだろう。電子書籍が始まった頃、コンテンツの出し惜しみをして、電子書籍市場が立ち上がる前に消えていった。電子書籍先進国だったのは実は日本。ついでに400億円くらい市場があって、ほぼ全てが電子辞書。残りはマンガ。

電子書籍の衝撃 (ディスカヴァー携書) Book 電子書籍の衝撃 (ディスカヴァー携書)

著者:佐々木 俊尚
販売元:ディスカヴァー・トゥエンティワン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

|

« 暗記には小テストが有効 | トップページ | 休日に似合う曲 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/37243846

この記事へのトラックバック一覧です: 電子書籍に必要なものは機械を含めたトータルのサービス:

« 暗記には小テストが有効 | トップページ | 休日に似合う曲 »