« 必要性と可能性との間にある永遠の溝 日本人に足りないのは可能性の検討 | トップページ | この夏の課題図書 大人編 »

2010年7月28日 (水曜日)

左利きも使えるマウス マウスを新調した

数週間新しいマウスを使用中。

前に使っていたのはマイクロソフト(以下MS)の有線マウス。USBだけでなく変換コネクター(付属)を使ってPS/2に接続できる。PS/2とは、パソコンの背面にある緑色をしたところを指す。左右対称でサイドボタンも大きい。これを発売当初からずっと使っていた。

マイクロソフト Intellimouse Optical Black 1.10 Mac/Win USB・PS/2 CD-ROM D58-00067 CE マイクロソフト Intellimouse Optical Black 1.10 Mac/Win USB・PS/2 CD-ROM D58-00067

販売元:マイクロソフト
発売日:2009/06/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今回も有線マウスにした。理由は無くすから。机に置いてあってもテレビのリモコンの様にどこかに行ってしまうので紐が付くマウスでないとすぐに無くしてしまう。今までMSが出していた有線マウスから乗り換えるほどのメリットが無かった。

新しく買い換えたのはこちら。色は四種類ある。

Microsoft Comfort Mouse 4500 ダーク グレー 4FD-00007 CE Microsoft Comfort Mouse 4500 ダーク グレー 4FD-00007

販売元:マイクロソフト
発売日:2010/04/09
Amazon.co.jpで詳細を確認する

違いはホイールの左右に動くこと。ホイールが問題で縦回転にカクン、カクン、という止まりがないのでつるつる滑ってしまう。前のオプティカルマウス(Microsoft IntelliMouse Optical  D58-00037)は止まるので使いやすかった。サイドボタンはやはり小さい。疲労感はそれほど変わらないかも知れない。強制的に使い続けているが買いだったとは思えない。使用感1ヶ月での感想でした。また元に戻し比較してみたいと思う。

マイクロソフトのマウス製品一覧

|

« 必要性と可能性との間にある永遠の溝 日本人に足りないのは可能性の検討 | トップページ | この夏の課題図書 大人編 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/35930051

この記事へのトラックバック一覧です: 左利きも使えるマウス マウスを新調した:

« 必要性と可能性との間にある永遠の溝 日本人に足りないのは可能性の検討 | トップページ | この夏の課題図書 大人編 »