« matt 2008で有名になった曲 Garry Schyman - Praan itunesで買えるよ | トップページ | 純粋培養の政治家が政治を壊す »

2010年4月19日 (月曜日)

twitterドラマで大炎上 だが脚本家と視聴者は交流したのでツイッターの使い方は成功

Twitterドラマ『素直になれなくて』初回視聴率11.9% 北川悦吏子Twitterでブチ切れ!

ドラマは見ていません。
この手のドラマは、新しいテクノロジーは道具でしかない。大きな枠があってその間をつなぐのが、車、ケータイ、ネットになっていく。大昔、『ポケベルが鳴らなくて』というのがあったそうだが、たぶん男女の間にツールを提供して終わり。それより主演女優へのバッシングがひどかったそうだ。ドラマで女を敵にしてはいけない。男ならOK。

今回はツイッターの本質を外して炎上したのではないかな?と妄想。見ていないので何とも言えないけどね。電車男は上手くいったのにね。匿名による無数の善意(2chの一部)が主人公を支えるという話だったのでよかった。

ツイッターに関してはまだ世間の評価が一般的(あと半年はかかる)になっていない。早すぎて資料が集められなかったか、体験する時間がなかったのか。司馬遼太郎は執筆するとその分野の資料が古本屋から消えたそうだ。だから何を書くのかを推定できたとか。

で、放送中に脚本家が視聴者に答えていたそうで、これが良いのではないでしょうか? リアルタイムご開帳式がツイッターです。

ミクシィが糞の見せあい。
2ちゃんが糞の投げ合い。
ツイッターが糞の垂れ流し。

  • ドラマのレベル問題

バクマンでもあったが既に一人で書ききるという行為は難しくなっている。脚本も複数の人が関わっていないと質が保てない。最後にまとめるのは一人だけど、アイデアだしやデータマン的な人を集めてやらなくてはならなくなっている。だけど日本は俳優で視聴率が決まるからそこに資本投下をしないという実に正しい判断をしている。そして駄目なドラマが量産される。

Twitter社会論 ~新たなリアルタイム・ウェブの潮流 (新書y) Book Twitter社会論 ~新たなリアルタイム・ウェブの潮流 (新書y)

著者:津田 大介
販売元:洋泉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« matt 2008で有名になった曲 Garry Schyman - Praan itunesで買えるよ | トップページ | 純粋培養の政治家が政治を壊す »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/34275210

この記事へのトラックバック一覧です: twitterドラマで大炎上 だが脚本家と視聴者は交流したのでツイッターの使い方は成功:

« matt 2008で有名になった曲 Garry Schyman - Praan itunesで買えるよ | トップページ | 純粋培養の政治家が政治を壊す »