« 試合のキムヨナ 勝負の浅田真央 | トップページ | 前日の予想通り史上最高点で金メダルキムヨナ »

2010年2月25日 (木曜日)

沖縄密約は枝葉末節 地政学的思考を

半島有事密約など認定へ=核持ち込みは「解釈にずれ」-外務省有識者委

地政学―アメリカの世界戦略地図 Book 地政学―アメリカの世界戦略地図

著者:奥山 真司
販売元:五月書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

密約は民主主義国家として重要であるがそれは技術論であって本筋はアメリカの世界戦略である。アメリカが地図をどのように眺めているかを知らなければなぜ核がそこにあるのかがわからない。地政学の概説書として上の本が一番わかりやすい。筆者は日本で多分数人しかいない地政学の学者(の卵)。倉前氏の『悪の論理』は既に絶版で手に入らず、あとは中公新書のものしかない。それだけマイナーに”された”学問である。

同じ著者の最新刊がこちら。当然中国がキープレーヤーとして出てくる。ザ・グレートゲームの中で主役になりうる存在になった。

“悪の論理”で世界は動く!~地政学―日本属国化を狙う中国、捨てる米国 Book “悪の論理”で世界は動く!~地政学―日本属国化を狙う中国、捨てる米国

著者:奥山 真司
販売元:フォレスト出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

中公新書の地政学

地政学入門―外交戦略の政治学 (中公新書 (721)) Book 地政学入門―外交戦略の政治学 (中公新書 (721))

著者:曽村 保信
販売元:中央公論社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 試合のキムヨナ 勝負の浅田真央 | トップページ | 前日の予想通り史上最高点で金メダルキムヨナ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/33514736

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄密約は枝葉末節 地政学的思考を:

« 試合のキムヨナ 勝負の浅田真央 | トップページ | 前日の予想通り史上最高点で金メダルキムヨナ »