« 嫉妬とバカ天下 エリートが腐っていく | トップページ | 謎の鳥 現代の二条河原の落書 »

2010年2月 5日 (金曜日)

郵政民営化は事実上完了した 郵貯米国債運用へ

ゆうちょ銀の預金、米国債購入へ、時限爆弾に火がついた。

亀井が事実上負けを宣言した。これで郵政民営化は公社という形でアメリカの物になった。

ゆうちょ銀の資金、米国債で運用も 亀井大臣が見解

小泉竹中が推進していたものがこれで完成した。竹中はもう郵政民営化凍結のことは言わないだろう。何故に4分割したかを説明するには、不良事業を切り離し、有望なところつまり郵貯(と保険?)を頂くためだ。当時350兆円あったそうだ。これで1000万円の上限は維持される。維持を外そうとしたのは、国債を買わせるためだと思う(又は買わせる余裕をつくるため)。もしかすると上限撤廃して、国債を買わせる余地を残すかも知れない。ほとんど米国債運用になるから、差し引いた残りで国債を買わせる。デフォルトになると福祉と教育が切られるからね。

アメリカの日本改造計画―マスコミが書けない「日米論」 (East Press Nonfiction #006) Book アメリカの日本改造計画―マスコミが書けない「日米論」 (East Press Nonfiction #006)

販売元:イーストプレス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 嫉妬とバカ天下 エリートが腐っていく | トップページ | 謎の鳥 現代の二条河原の落書 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/33258052

この記事へのトラックバック一覧です: 郵政民営化は事実上完了した 郵貯米国債運用へ:

« 嫉妬とバカ天下 エリートが腐っていく | トップページ | 謎の鳥 現代の二条河原の落書 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

おすすめ

  • 高齢者向けテレビ用スピーカー

おすすめ(amazonウィジェット)

暇つぶし(アマゾン)

音楽

  • 癒しの音楽
  • 聞き疲れしないスピーカー

    音は良いのですが製品としての質が良くない。

    外付けサウンド(USB接続)

    ヘッドフォン端子の質があまり良くない。

    一万円前後のUSBオーディオ入門機

amazonウィジェット

  • 乾電池で動くデジカメ
無料ブログはココログ

Google Analytics




アクセスカウンター

  • 3カウンター