« 移民大爆発 イタリア | トップページ | 再販制度が無くなると・・・ »

2010年1月10日 (日曜日)

真似しかできない日本 真似ても追いつけない時代に生きる

Appleの新型タブレットPC「iSlate(仮)」について現時点でわかっていることまとめ

このiSlate(仮)は電子書籍リーダー機能を搭載しており、世界中のさまざまな有名出版社や新聞社に対してAppleからコンタクトがあり、電子書籍の売上の70%を出版社側に提供するとされている。

これでキンドルとアップルの二択になった。ソニーは難しいかな。日本は著作権というか紙にこだわりすぎて市場自体が存在しない。需要はあるかもしれないが中抜きにされた本の問屋(と書店)が困るので動けず。商売の道は複数持っていた方が良いと思うけどなあ。手間だけ増えて利益が・・・って事かもしれないけど(新聞のネット版は高コスト)。様子見で後乗りで日本のメーカーは死ぬ。いつだったか、デジカメが出たときフイルムにこだわったところがあった。

雑誌をPCで売る商売を始めたら警告。自分たちで独占するために?。

日本雑誌協会、エニグモにネット雑誌閲覧サービスの中止要請

iPhoneに雑誌を有料配信 電通などスタート、年内に30社50誌

電通とタグボート、雑誌のポータルサイト「magabon」を開設

コルシカ

|

« 移民大爆発 イタリア | トップページ | 再販制度が無くなると・・・ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/32927688

この記事へのトラックバック一覧です: 真似しかできない日本 真似ても追いつけない時代に生きる:

« 移民大爆発 イタリア | トップページ | 再販制度が無くなると・・・ »