« フリーターとニートの社会学 | トップページ | 乾電池で使えるデジカメ 2009年 12月版 後編 »

2010年1月 2日 (土曜日)

韓国と核密約 ~韓国の懸念~

普天間基地移設問題 韓国で懸念広がる 沖縄返還時の憂慮が現実に

 文書によると、69年の沖縄返還合意の際、朴正煕大統領(当時)は沖縄に核兵力を備えたまま米軍基地が残ることを望んでいたほどだった。

前線を国境に持つ国としては当然だ。いくら米軍が強くても太平洋は広すぎる。時間がかかればそれだけ不利なる。不意打ちの時は特に。

軍事的プレゼンス=抑止効果と即応戦力があれば、最小限に国民の被害を抑えることができる・・・はず?。核密約に触れているが抑止効果は常識なんだろう。

ちなみに歴史板が作った朝鮮戦争のフラッシュ(韓国では韓国戦争)。前線を陸続きで持つ恐怖は島国にはわからない。

白将軍の本が売り切れなので日本人が書いた本を紹介しておきます。

朝鮮戦争―金日成とマッカーサーの陰謀 (文春文庫) Book 朝鮮戦争―金日成とマッカーサーの陰謀 (文春文庫)

著者:萩原 遼
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« フリーターとニートの社会学 | トップページ | 乾電池で使えるデジカメ 2009年 12月版 後編 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/32828570

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国と核密約 ~韓国の懸念~:

« フリーターとニートの社会学 | トップページ | 乾電池で使えるデジカメ 2009年 12月版 後編 »