« ラブプラスはピュグマリオーン(ピグマリオン)のお話 | トップページ | 道にロープを張って大怪我を負わせた米兵の子供を不起訴 普天間はパフォーマンス 日米関係 »

2009年12月26日 (土曜日)

でも、そのお話が駄目なわけで・・・・CGの力業で何とかなっている

コラム】「FF13」のちぐはぐさ、欧米で評価落とすのでは…物語性重視の日本、ゲーム性重視の欧米(新清士) [09/12/25]

言っていることはわかるんだけどね。ゼルダはその点かなり工夫している。お話は動機付けで本編はアクション。デモンズソウルも同じ。FFはお話に偏り過ぎている。そのお話が最近レベルが下がっている。ドラクエ8の王道ストーリーが必要なのかも。新ハードで冒険するときは。で、今回いくらかかったんだろう。

お話の作り方。ある程度型があります。(映画の)脚本の作り方はTBSのライムスター歌丸のラジオでもやっていた。スクリプト・ドクターが必要かもねスクエニには。

洋ゲーは逆に血と体の立体構造に凝って嫌だな。クロエは不細工すぎるぞ。

ストーリーメーカー 創作のための物語論 (アスキー新書 84) Book ストーリーメーカー 創作のための物語論 (アスキー新書 84)

著者:大塚 英志
販売元:アスキー・メディアワークス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ラブプラスはピュグマリオーン(ピグマリオン)のお話 | トップページ | 道にロープを張って大怪我を負わせた米兵の子供を不起訴 普天間はパフォーマンス 日米関係 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/32740615

この記事へのトラックバック一覧です: でも、そのお話が駄目なわけで・・・・CGの力業で何とかなっている:

« ラブプラスはピュグマリオーン(ピグマリオン)のお話 | トップページ | 道にロープを張って大怪我を負わせた米兵の子供を不起訴 普天間はパフォーマンス 日米関係 »