« 独占企業が素晴らしいというパラドックスと中国は凄い | トップページ | ホラーの作り方 日常との落差が勝負 »

2009年12月22日 (火曜日)

誰のための郵政民営化?

【日米】米政府、郵政民営化見直しで日本と協議へ 対等な競争条件要求[09/12/21]

やっと本丸が出てきたね。アメリカの郵便局は確か公営。

アメリカの基本政策は門戸開放だから。ずっと、ね。

一覧

オランダだけが民営。

ドイツの場合はドイツポストの株式を国が60パーセント以上保有し、郵貯が一度民営化されましたがドイツポストが(50%+一株)を買い戻して公営です

オランダは政府出資比率は郵便が38%+"黄金株"一株、郵貯は政府系金融機関と統合後ポストバンクとして独立し、現在は政府出資1%未満です。窓口ネットワークはTGPとポストバンクでそれぞれ50%ずつ保有しており分離は行われていません。

ニュージーランドポストは政府100%出資で、郵貯は民営化されオーストラリアの金融機関に営業譲渡されましたが、銀行の大部分を外資が占め、融資の条件が厳しすぎるということで、ニュージーランドポスト100%出資の公営金融機関復活が行われました。

イタリアのPostaItalianeは郵便事業と郵貯事業の分離は行われず政府100%出資です。
スウェーデンポストは政府100%出資で、郵貯であるノルディアのみ分離・民営化されています。

イギリスのローヤルメールは100%政府の出資で、郵貯事業は一度撤退しましたが、再参入しています(ローヤルメール100%出資)。窓口事業もローヤルメール100%出資です。ポストオフィスとは別に、英国大蔵省の外局である国民貯蓄投資庁という組織があります。

仏ラポストは公社、スイスポストは政府公営で、アメリカは郵貯事業のみ1966年に廃止、郵便事業は公営のまま維持です(2003年の諮問委員会が方針を決定、管轄はUSPS)。

アメリカの日本改造計画―マスコミが書けない「日米論」 (East Press Nonfiction #006) Book アメリカの日本改造計画―マスコミが書けない「日米論」 (East Press Nonfiction #006)

販売元:イーストプレス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

郵貯が欲しいんだよ!!
出がらしの郵便は要らないよ

|

« 独占企業が素晴らしいというパラドックスと中国は凄い | トップページ | ホラーの作り方 日常との落差が勝負 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/32693856

この記事へのトラックバック一覧です: 誰のための郵政民営化?:

« 独占企業が素晴らしいというパラドックスと中国は凄い | トップページ | ホラーの作り方 日常との落差が勝負 »