« ゲームしようぜお金ないし 秋の夜長 | トップページ | 外国人労働者は要らない インドの外国人労働者 »

2009年11月 1日 (日曜日)

日本の兵站の特徴 余剰がない

新型インフル、休日診療に殺到…8時間待ちも

インフルエンザが始まったとき医者のブログで語られていたな。現場に10人欲しいが6~7人で回している。しかし感染拡大が始まったときは、もっと人員が必要になる。日常的な業務でさえ人員が不足している(無理して働いている)のに、これ以上仕事が増えたら現場は倒れる。だから、暇な人(仕事をしていない人)が普段からいる位に人を配置して欲しいと。

ただ庶民(笑)はそういったことを許さない。暇な人がいれば叩く(特に役所)。専門性が高くなっている時代に、市民より数段落ちる大衆に政治判断をさせる現代政治は大変だな。

プラトンの呪縛 (講談社学術文庫) Book プラトンの呪縛 (講談社学術文庫)

著者:佐々木 毅
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

がさまよう。

 

|

« ゲームしようぜお金ないし 秋の夜長 | トップページ | 外国人労働者は要らない インドの外国人労働者 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/32021381

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の兵站の特徴 余剰がない:

« ゲームしようぜお金ないし 秋の夜長 | トップページ | 外国人労働者は要らない インドの外国人労働者 »