« 「真ん中から割れとるday」はルパン三世1stの峰不二子の衣装 | トップページ | 20万の生活保護をもらう母と、15万の給与でやりくりする派遣の母 »

2009年10月 2日 (金曜日)

遅れてきた左翼 キャバクラ政府

まとめ

自民党が腐っていたからといって、代わりの政党(今回は民主党)が腐ってはいないという保証はない。

【政治】 千葉法相 「不法滞在者に温かい目を」「人権擁護法、実現へ」「難民、『日本は懐大きい』となる形に」「死刑は議論あるし」★7

なんか視点が20世紀なんだよね。
昔読んだ本で、人は40をすぎると変われない。思考の原点が古く、伸ばしていっても意味がない。

考えられる問題点(利点もありそうだが野党的に指摘)

  • 不法滞在者に温かい目を→不法滞在を助長させる。welcome to nippon!
  • 人権擁護法→思想警察化
  • 難民→愛で難民は救えない。負担は誰がするの?

難民は移民と同様、社会に求める負担が大きすぎる。同化コスト(同化しないと仕事がない=犯罪者か生活保護)が高いか、池袋に警察も踏み込めない領域ができる。既に、イタリアでは中国人(中華街)とイタリア人が民族衝突している。移民大国アメリカは規制に入っており、カナダに向かっているそうだ。だから日本のバカをおだてて負担させようという魂胆じゃないのかな。日本は日本人のものだけではない by鳩山兄。

地獄への道は善意で敷き詰められている

取り調べの可視化はやるのかな?

外国人参政権 → 地方自治の拡大とワンセット
人権擁護法   → 平成の治安維持法、思想警察による糾弾

民主5議員団体:クラブ、キャバクラ…政治活動費で飲食

糞を選ぶのが選挙。今回選んだ糞は別の意味でもの凄く臭い。自民の悪いところを切り、民主の悪いところ切れば、良い国民政党ができるのにね。世の中、上手くいかない。ネットウヨ?が指摘してた問題が浮かび上がって面白い。ネット以外では「生活が第一」ですが。今回の不景気は凄いぞ。ホント凄いことになっている。年明けから、至る所で人がガラガラだもん。図書館はバカ混み。

個人的な経験で言うと、状況の変化に人がついて行くのは三年かかる。三年経ってようやく重い腰を上げる。人は習慣で生きているからね。

「国家」を見失った日本人―外国人参政権問題の本質 (小学館文庫) Book 「国家」を見失った日本人―外国人参政権問題の本質 (小学館文庫)

著者:田久保 忠衛,桜田 淳,小堀 桂一郎,中西 輝政,佐藤 欣子,長尾 一紘,百地 章,西岡 力,櫻井 よしこ,平沢 勝栄,鄭 大均,黒田 勝弘,在日本大韓民国民団,在日本大韓民国居留民団=,民団=,日本共産党,共産党=
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する


危ない!人権擁護法案 迫り来る先進国型全体主義の恐怖 Book 危ない!人権擁護法案 迫り来る先進国型全体主義の恐怖

販売元:展転社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

あぶない!「人権擁護法案」―「人権」濫用で脅かされる自由社会 Book あぶない!「人権擁護法案」―「人権」濫用で脅かされる自由社会

著者:日本会議
販売元:明成社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

民主党がやりたがっているもの

「外国人参政権 人権擁護法 戸籍廃止 夫婦別姓」

|

« 「真ん中から割れとるday」はルパン三世1stの峰不二子の衣装 | トップページ | 20万の生活保護をもらう母と、15万の給与でやりくりする派遣の母 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/31591969

この記事へのトラックバック一覧です: 遅れてきた左翼 キャバクラ政府:

« 「真ん中から割れとるday」はルパン三世1stの峰不二子の衣装 | トップページ | 20万の生活保護をもらう母と、15万の給与でやりくりする派遣の母 »