« 公共に寄生して儲ける民間企業 外部不経済の行方 | トップページ | ゲームしようぜお金ないし 秋の夜長 »

2009年10月30日 (金曜日)

わかりやすい構図

中川氏、渡辺氏との連携を示唆

小泉竹中路線の人が離党と派閥を離れる。田中派の系譜は郵政選挙で軒並み落選。今は民主党に入ったのかな。小沢は田中の愛弟子。

植草事件はどうなるんだろう。権力というものの怖さが最近庶民のレベルに降りてきた。昔から税務署と保健所は怖い。

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

なぜ郵政選挙で、執行部が権力を握れたかというと、

吉田:もうひとつの弊害は、小選挙区制度の特徴から、党執行部や党エリートに権限が集中してしまうことです。トップダウン型の意見集約がなされて、逆に社会からのボトムアップ型の問題提起がされにくくなる傾向をもちます。これは民主党にも自民党にも共通していますよね。

二大政党制は時代遅れ? 「政権交代」の先にあるもの――あるべき政党政治とデモクラシーとは

だから参議院が衆議院に屈して郵政民営化法は通過してしまった(次の選挙で刺客を送られる可能性が高い)。派閥政治の凋落により人材が枯渇したそうだ。ある意味派閥で研磨された人材最後の人材が小沢幹事長なのかもしれない。

[主権在米経済]売ってないのね。

|

« 公共に寄生して儲ける民間企業 外部不経済の行方 | トップページ | ゲームしようぜお金ないし 秋の夜長 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/32004450

この記事へのトラックバック一覧です: わかりやすい構図:

« 公共に寄生して儲ける民間企業 外部不経済の行方 | トップページ | ゲームしようぜお金ないし 秋の夜長 »