« 女バブルの崩壊 | トップページ | 貧乏人の思考範囲 »

2009年10月12日 (月曜日)

鳩山内閣の千葉法務大臣

中国人姉妹に在留特別許可 千葉法相、敗訴確定後は異例

 残留孤児の子孫として両親と来日後に在留資格を取り消され、国外退去を命じられた奈良県在住の中国人姉妹に対し、千葉景子法相は9日、在留特別許可を出した。支援団体が明らかにした。姉妹は退去命令取り消し請求訴訟で敗訴が確定しており、敗訴確定後に在留が認められるのは異例だという。

「偽」残留孤児がいるという話は何かで見たな。

姉妹は1997年、母親が「中国残留孤児の娘」として、家族で中国から入国。その後、大阪入国管理局が「日本人とのつながりに疑問」として一家の在留資格を取り消し、2003年9月に強制退去を命じられた。

詳しい話はこちらにある。

中国残留孤児 偽者が大半????? TBS報道

人権という言葉の意味が腐っていく気がする。人権は優しさではない。闘う武器だ。

|

« 女バブルの崩壊 | トップページ | 貧乏人の思考範囲 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/31756346

この記事へのトラックバック一覧です: 鳩山内閣の千葉法務大臣:

« 女バブルの崩壊 | トップページ | 貧乏人の思考範囲 »