« ブラック企業 日の丸親方 | トップページ | 暴走する国家権力 検閲社会の到来 »

2009年7月 9日 (木曜日)

小選挙区制は独裁制である

この人の話を聞くと小沢王国と言われるゆえんがわかる。結局対立する人がいないので、彼に嫌でも権力が集中する。中選挙区制(大選挙区制)だと、同じ選挙区で共存できるため、権力が分散する。三権分立と同じ理屈で抑制と均衡が成り立つ。役所で仕事が重複しているところがあるのは、役所の中で権力の抑制と均衡を行うためである。また大蔵省が省の中の省と言われたのは対立する省が無かったからである。対立する役目を負ったのは内務省だったそうだ。小選挙区制は現実を見ると悪い制度かもしれない。

小沢一郎 虚飾の支配者 Book 小沢一郎 虚飾の支配者

著者:松田 賢弥
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ブラック企業 日の丸親方 | トップページ | 暴走する国家権力 検閲社会の到来 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/30468221

この記事へのトラックバック一覧です: 小選挙区制は独裁制である:

« ブラック企業 日の丸親方 | トップページ | 暴走する国家権力 検閲社会の到来 »