« 理念先行型の末路 | トップページ | 日本がどんどんバカになっていく »

2009年7月 1日 (水曜日)

貧困と戦争 中年の新卒(新兵)

暗いニュースより
中年の新兵が増えているそうだ。以前は数が足りなくて前科ありの人を軍隊に入れていたが、不景気で入隊者が増加。問題アリを弾いても、予定数を上回る志願兵。

イラク戦争が泥沼化していた2004年頃には、全米で兵士不足が深刻化していたが、2008年頃から本格化した住宅市場崩壊・景気後退の影響で、米陸軍、特に州兵への入隊希望者は一気に急増し、結果として現在米陸軍は増えすぎた兵士を削減する方向で動いている。

雇用対策と戦争:米陸軍で増加する中年の新兵

トムじいさんも確か傭兵出身。
昔から男は戦場へ、女は売春へとなっている。

生きることと生きていることは違う。

傭兵の二千年史 (講談社現代新書) Book 傭兵の二千年史 (講談社現代新書)

著者:菊池 良生
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« 理念先行型の末路 | トップページ | 日本がどんどんバカになっていく »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/30305044

この記事へのトラックバック一覧です: 貧困と戦争 中年の新卒(新兵):

« 理念先行型の末路 | トップページ | 日本がどんどんバカになっていく »