« ふしだら婚 | トップページ | 祖国に心はある? »

2009年7月17日 (金曜日)

夢の時代は終わった 現場の負担増で学校は死ぬ

4階にある普通学級に担任に背負われて移動しているという。

【奈良】車いす少女中学入学拒否問題 町が抗告取り下げへ 「生徒が入学している事実を重視した。円満解決できるよう努力したい」

理想論はすでに20世紀の遺物。もうそんな余裕はない。三位一体の改革で予算が削減されている。学校の先生が車いすになったらどうなるんだろうということは気にかかる。

こんなとき、どうする?発達障害のある子への支援 中学校以降 (特別支援教育をすすめる本) Book こんなとき、どうする?発達障害のある子への支援 中学校以降 (特別支援教育をすすめる本)

著者:内山 登紀夫
販売元:ミネルヴァ書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ふしだら婚 | トップページ | 祖国に心はある? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/30573648

この記事へのトラックバック一覧です: 夢の時代は終わった 現場の負担増で学校は死ぬ:

« ふしだら婚 | トップページ | 祖国に心はある? »