« 「消費者帝国」の末路 お客様は神様か | トップページ | 官製バブル »

2009年7月21日 (火曜日)

教員も金が欲しい アメリカの教育

生徒の学力、黒人と白人間で差 米教育省機関統計

貧困率が高くマイノリティ民族が多い地域では、経験豊富な教員を募集して長期にわたってとどめておくことが難しく、その結果が生徒の学力差につながっていると述べている。

経験があり、実力のある教員はより報酬を得られる場所、つまり白人が多い場所に移る傾向があるとも指摘。住んでる場所や人種で子供たちが変わることがないと述べ、どの生徒たちにも平等で同水準の教育を与える政策が必要だとしている。

アメリカの教育予算はその地域の住民税だったか固定資産税でまかなわれる。つまり金持ち地区は教育予算がふんだんにある。

先生と生徒の恋愛問題 (新潮新書) Book 先生と生徒の恋愛問題 (新潮新書)

著者:宮 淑子
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

じゃなかった。こっち。

超・格差社会アメリカの真実 (文春文庫) Book 超・格差社会アメリカの真実 (文春文庫)

著者:小林 由美
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 「消費者帝国」の末路 お客様は神様か | トップページ | 官製バブル »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/30618148

この記事へのトラックバック一覧です: 教員も金が欲しい アメリカの教育:

« 「消費者帝国」の末路 お客様は神様か | トップページ | 官製バブル »