« 同じ夢を見る時代は終わった | トップページ | 理念の国 未だ滅びず »

2009年7月28日 (火曜日)

法学部生が痴漢でっち上げだったとは

痴漢でっち上げ学生を退学に 甲南大学長が謝罪会見

 大阪市営地下鉄車内の痴漢でっち上げ事件で、虚偽告訴容疑で甲南大4年、蒔田文幸容疑者(24)=京都市山科区=が逮捕されたことを受け、甲南大(神戸市東灘区)は18日、杉村芳美学長らが会見して謝罪するとともに、蒔田容疑者を退学処分にすることを発表した。本人に接見できるまでは無期停学処分とする。

なんか凄いね。大学も楽園になりつつあるのかな。中では二極化だったりして。

痴漢は冤罪が多いと思う。だって拘禁されるからそれが嫌なら、無い罪を認めて出るしかない。

でっちあげ 福岡「殺人教師」事件の真相 Book でっちあげ 福岡「殺人教師」事件の真相

著者:福田 ますみ
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 同じ夢を見る時代は終わった | トップページ | 理念の国 未だ滅びず »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/30721272

この記事へのトラックバック一覧です: 法学部生が痴漢でっち上げだったとは:

« 同じ夢を見る時代は終わった | トップページ | 理念の国 未だ滅びず »