« 視聴習慣 | トップページ | 問題は廃棄ではない、らしい »

2009年6月23日 (火曜日)

郵政民営化は誰のため?

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

何かを行うと言うことは、それによって利益を得る者がいるということだ。

そんなにアホウは小泉が恐いのか

上を見ると郵政は三井住友がバックにいることがわかる。

では仕掛け人は?

郵政民営化がアメリカの謀略である証拠がまた一つ・・・。

反対派の反撃に為らず、崩壊していく自民党。民主党は果たして郵政カイカクを潰せるのか? 

オリガルヒ―ロシアを牛耳る163人 Book オリガルヒ―ロシアを牛耳る163人

著者:中澤 孝之
販売元:東洋書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

日本の一部だけが目指すアメリカ社会の真実。文庫版が出ていました。

超・格差社会アメリカの真実 (文春文庫) Book 超・格差社会アメリカの真実 (文春文庫)

著者:小林 由美
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ちなみにサブプライムのすぐ上のランクに当たる、オルトAがやばくなってきたそうな。かなり昔に聞いたのだが今ごろ統計として出てきたらしいです。

|

« 視聴習慣 | トップページ | 問題は廃棄ではない、らしい »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/30233229

この記事へのトラックバック一覧です: 郵政民営化は誰のため?:

« 視聴習慣 | トップページ | 問題は廃棄ではない、らしい »