« アメリカは組合が次の仕事を斡旋する | トップページ | 少子化が労働者を救う? »

2009年6月23日 (火曜日)

示談成立で不起訴処分で幕引き

京都教育大生の集団準強姦、逮捕の6人釈放…示談成立で

地検は「処罰感情が緩んでおり、起訴する必要がない」と判断した。6人は近く、不起訴(起訴猶予)となる見通し

(中略)

西浦久子・地検次席検事は「示談の動きがなければ公判請求する方針だったので、強制捜査に問題はなかった。むしろ捜査で事実を解明したことで、示談という双方に良い形で終結できたと思う」と話した。

立証が難しいと検察が考えた、のかなあ?

35 :名無しさん@十周年:2009/06/23(火) 00:00:26 ID:o9TV+BuD0 
この手の大学生の強姦事件は和解するケースが多いです。
腹立たしいのは、被害女性に「彼らの人生をどこまでダメにする気ですか?」と
加害者側の弁護士が言ってくることです。
 
その馬鹿男たちの親がチームを組んで、被害女性と戦います。
弁護士と「最善の策」を入れ知恵してもらい、大学を受け直したり。
とりあえず引越すのはマシなほうです。
 
被害女性が誘ったと噂を流して「被害者である息子」にすりかえたりします。
これは私のまわりにあったので、最低ひとつはそういうケースがあった、と言えます。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1426819554
強姦の歴史 Book 強姦の歴史

著者:ジョルジュ ヴィガレロ
販売元:作品社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« アメリカは組合が次の仕事を斡旋する | トップページ | 少子化が労働者を救う? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/30235317

この記事へのトラックバック一覧です: 示談成立で不起訴処分で幕引き:

« アメリカは組合が次の仕事を斡旋する | トップページ | 少子化が労働者を救う? »