« 見切り販売制限に公取が攻撃 | トップページ | 非価格競争の事例 »

2009年5月30日 (土曜日)

日経の物欲消滅について

日経ビジネス特集は「物欲消滅」 消費者は変わったのか

孫は祖父より1億円損をする 世代会計が示す格差・日本 (朝日新書) Book 孫は祖父より1億円損をする 世代会計が示す格差・日本 (朝日新書)

著者:島澤 諭,山下 努
販売元:朝日新聞出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

これから何が起きるのか。わからないからこそ買えない。エコだとかいうのは自分を納得させるための論。防衛機制でそんなものがあったね。

買えないという状態が続くと心の健康に悪いので対策を考える。で、興味を失う。欲しくないではなく興味がない。ある一定のストレス下に置かれると、獲得された無気力?というのが生まれる。抵抗を拒否した状態、逃げることもしなくなる。元に戻すのはかなり大変です。

無気力の心理学―やりがいの条件 (中公新書 (599)) Book 無気力の心理学―やりがいの条件 (中公新書 (599))

著者:波多野 誼余夫,稲垣 佳世子
販売元:中央公論新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「買わない」ではなく「買えない」→興味ない
経済的に結婚できないワープワが出現し、結婚出費分野(住宅から広がる家電)が総崩れになる。

ちなみに大人と子供間に若者というカテゴリーを作って、ものを売りつけた時代は1983年からである。昔こち亀が行事は全てSEXに結びつけていると皮肉っていた。正月・クリスマス・・・・

若者殺しの時代 (講談社現代新書) Book 若者殺しの時代 (講談社現代新書)

著者:堀井 憲一郎
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 見切り販売制限に公取が攻撃 | トップページ | 非価格競争の事例 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/29860201

この記事へのトラックバック一覧です: 日経の物欲消滅について:

« 見切り販売制限に公取が攻撃 | トップページ | 非価格競争の事例 »