« 趣都の誕生が文庫化 | トップページ | 韓国の情報統制 »

2009年4月10日 (金曜日)

NHK新番組「嘘の付き方講座」?

【テレビ】NHKスペシャル「アジアの一等国」に李登輝友の会が抗議

この放送に対し、声明は「日本が一方的に台湾人を弾圧したとするような史観で番組を 制作することは、公共放送として許されるべきではない」とした。
NHK広報局は「歴史を振り返り、未来へのヒントにしたいという番組の趣旨を説明し、 理解していただきたいと考えています」としている。

【台湾】柯徳三氏「私は朝鮮人のような反日ではない。NHKに騙された。バックに中共がいるのでは」
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/news/1239356593/l50

私が「番組が意に沿わなかったと窺いました。そのことを話していただけますか」と聞くと、一気に話をしてくれた。

 私は日本による五十年間の台湾統治はプラス面が五〇%でマイナス面が五〇%と考える。
 NHKの取材を受け、インフラや教育のよさを語ったのだが、番組は全然取り上げなかった。

 日本による差別待遇など、欠点への怨み事ばかりを取り上げ、
 あたかも台湾人が朝鮮人と同じく排日だとの印象を植え付けようとしているらしいが、これは心外だ。

 私は親日でも反日でもない。私にとって日本は養母なのだ。
 中国から切り離され、日本に養子として拾われたのだから。日本人に差別はされたが、私が今日一人前の医者として活躍できるのは(もう引退はしているが)、日本のおかげだ。

 NHKには利用された、騙されたという気もしている。日本に対するネガティブな印象のところだけ取り上げられた。

証言の「断片」のみ放映
台湾の被取材者が怒る反日番組 「NHKスペシャル/シリーズ・JAPANデビュー」
http://www.melma.com/backnumber_45206_4443129/

狗去豬来

NHKスペシャル「偏向報道のテクニック」という番組が始めようとしているのかな?

NHKスペシャル アジアの一等国

これが原因かね? NHKってチャイナスクールがいるのか?

日中記者交換協定

日本政府は中国を敵視してはならない
米国に追随して「二つの中国」をつくる陰謀を弄しない
中日両国関係が正常化の方向に発展するのを妨げない

とりあえず番組ディレクターとプロデューサーの名前を調べないとね。

メディア・リテラシー―世界の現場から (岩波新書) Book メディア・リテラシー―世界の現場から (岩波新書)

著者:菅谷 明子
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 趣都の誕生が文庫化 | トップページ | 韓国の情報統制 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/29060073

この記事へのトラックバック一覧です: NHK新番組「嘘の付き方講座」?:

« 趣都の誕生が文庫化 | トップページ | 韓国の情報統制 »