« 上岡龍太郎の芸論 舞台とテレビの違い | トップページ | 箱庭のゲーム 作られた社会 »

2009年3月14日 (土曜日)

東大生とノート

個人的には1.5倍速で聞くが参考になった。二回聞くのは二度手間なのでやらなかったのだが。ボイスレコーダーか。

取材から見えてきた「効率的勉強法」

  • 聞けば・読めば分かる派
  • 繰り返し聞く派
  • 色ペンチェック派
  • らくがき帳派

繰り返し聞く派の1.5倍法

 先ほどのボイスレコーダーの件もあったが、一度録音されたものを1.5倍速や2倍速で繰り返し聞くというのはよく聞く勉強法だ。取材中、法学部を主席卒業したある学生も、この方法を取っていたという話を聞いた。
 ロースクールや公認会計士などの専門学校に通っている学生も多いが、こうした学校の多くのDVDデッキは1.5倍速に設定されている。

SONY ステレオICレコーダー 2GB SX800 シルバー ICD-SX800 CE SONY ステレオICレコーダー 2GB SX800 シルバー ICD-SX800

販売元:ソニー
発売日:2009/02/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

●早聞き・遅聞きを自然に近い音程で再生(1/4倍速-3倍速・36段階)する「デジタルピッチコントロール(DPC)」

SANYO リニアPCMレコーダー(ホワイト) [ICR-PS501RM(W)] CE SANYO リニアPCMレコーダー(ホワイト) [ICR-PS501RM(W)]

販売元:三洋電機
発売日:2009/02/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

三洋もピッチ一定で速度変化が出来るようです。

それから難関私学のゆとり事情。やはり後ろ(成績下位?=途中入学組)に引っ張られるのは、どこも同じようです。最後尾に引っ張られるんですよ、教室という空間は。

開成や灘などの“名門”がグラリ――東大合格者2ケタ減の理由

「以前から進学塾関係者の間では、新課程で高校から入学した生徒たちの学力低下が問題になっていた。中学からみっちり鍛えられている生徒と、中学での勉強が不十分なまま高校に入った生徒の差は大きい」

灘中の数学学習法 (生活人新書) Book 灘中の数学学習法 (生活人新書)

著者:庄 義和,幸田 芳則
販売元:日本放送出版協会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 上岡龍太郎の芸論 舞台とテレビの違い | トップページ | 箱庭のゲーム 作られた社会 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/28604393

この記事へのトラックバック一覧です: 東大生とノート:

« 上岡龍太郎の芸論 舞台とテレビの違い | トップページ | 箱庭のゲーム 作られた社会 »