« 骨太の経済書 | トップページ | 年金も終わり? »

2009年2月18日 (水曜日)

反麻生・中川(酒) 対 反郵政民営化(かんぽの宿)

「かんぽの宿」、液晶テレビを大量購入 譲渡直前に

 日本郵政の宿泊施設「かんぽの宿」の譲渡問題で、日本郵政がオリックスへの譲渡直前に液晶テレビ約3400台を購入していたことが18日、分かった。

個人的にははめられたかなと思ってしまうあの酒会見。かんぽ疑獄に発展しそうな段階だと思うが、郵政民営化反対組潰しに見えてしまう。テレビをつけたら酒しかやっていなかった。これでかんぽの話題はとんだ。絵的には使いやすい素材だから易きに流れるのはわかるが。

小沢民主は「かんぽの宿」を追求したいが、その部分を麻生一派に持って行かれている。かといって追求しなければ野党の名が廃る。しかし追求すれば敵との違いをつけられない。引くことも攻めることも出来ず、中川(酒)を叩くしかないか。民族派が1人いなくなってしまった。確か親父もホテルで自殺したことになっているんだよね。

小沢と福田の大連立は、反小泉連合だったのかなあと。民主にも自民にも左右の派閥あり。

疑獄と謀殺 (祥伝社文庫) Book 疑獄と謀殺 (祥伝社文庫)

著者:森川 哲郎
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

疑獄と謀殺 疑獄と謀殺

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

対日政策班の人名辞典です。オバマ政権はクリントン2なので。

ジャパン・ハンドラーズ―日本を操るアメリカの政治家・官僚・知識人たち

|

« 骨太の経済書 | トップページ | 年金も終わり? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/28193545

この記事へのトラックバック一覧です: 反麻生・中川(酒) 対 反郵政民営化(かんぽの宿):

« 骨太の経済書 | トップページ | 年金も終わり? »