« たわけの意味 | トップページ | ファンドは会社の資産を吐き出させるだけ? »

2008年12月15日 (月曜日)

金持ちに倫理を求めてはならない

「矜持の問題」麻生首相、高額所得者の給付金辞退求める

読みはキョウジです。

金持ちが高々2万5千円をもらいに役所へ赴くかどうかがポイントになる。合理性があれば…時給換算で考えると三時間待ちで時給八千円か。物見遊山(モノミユサン)で庶民を見に行くならって、金持ちは金持ち地区に住んでいるから庶民はいないか。エリートもいなくなったからなあ。エリート:金があって地位があって能力があって清廉潔白で庶民はエリートの存在を認めている(世間に承認された地位)。

現場の人間はさばききれないだろうね。あなたの役所に数万人が並ぶことを考えると怖いでしょ? 地域振興券の失敗が生かされてないよね。貧乏人に金を配って議席を獲得するやり方と同じ。それもかなり露骨に。結局、票が経済に結びつかないで特定の利益集団にお金を流すための政治を行うことになる。今回は税金を払っていない層に利益を与える政策です。減税は税金を払っている人だけに恩恵があるから。悪いことではないが前回の失敗を挽回できるロジックを見たことがない。

アメリカはなぜ減税を行うかというと、財政面から行政の効率化を促すそうだ。金がなければ仕事を減らさなければならないから、肥大化を防げる。日本は赤字国債を発行して孫の小遣いを合法的にくすねる老人がいっぱいいるけどね。

それから現場にフリーハンドを与えると現場は混乱しますよ。これは作戦のミスです。第一三割自治と言われて独自性がないのにいきなり独自でやれとは、金槌を海に突き落とすようなもの。それに役所の主要な層は50代です(年齢構成を昔見たという薄い記憶です)。40代はみな民間に流れました。その下は採用抑制世代の超氷河期世代で、ほとんどいない。超優秀だそうだけど。三〇年間昔ながらの下請けとしてやってきた人間がそう変われるわけがない。

|

« たわけの意味 | トップページ | ファンドは会社の資産を吐き出させるだけ? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/26208723

この記事へのトラックバック一覧です: 金持ちに倫理を求めてはならない:

« たわけの意味 | トップページ | ファンドは会社の資産を吐き出させるだけ? »