« 郵政の資産をオリックスへ譲渡 | トップページ | イディオクラシー(Idiocracy)がついに発売 邦題は「26世紀青年」 アマゾンで先行発売 »

2008年12月27日 (土曜日)

毎日と産経が赤字

毎日新聞は昔、外務省の女性職員関係で一時苦境に陥った。沖縄密約云々よりやり口が批判の的になったそうだ。ちなみに密約は本当だった。産経も赤字とは。

こんなことをやっているからね。

毎日新聞による「毎日新聞は正義」発言、ネットで批判が殺到

そういえば、新聞はテレビ欄しか見ませんという冗談があったが、今はテレビ欄も見ていないなあ。後で見逃して悔しい思いをすることがある。ラジオ欄を始めたのは読売新聞です。今読むなら読売ですよ。政権与党新聞ですから。正しい新聞の読み方は数紙をまとめて読むことです。ネットは紙面を補間するものであって敵対するものではない。ただし企業体としてはかなりダイエットしないとならない。でもその先にゴールがあるわけではない。ネットは安いからねいろんな意味で。

見逃した人どうぞ↓

プロフェッショナル 仕事の流儀スペシャル 宮崎 駿の仕事 [DVD] DVD プロフェッショナル 仕事の流儀スペシャル 宮崎 駿の仕事 [DVD]

販売元:NHKエンタープライズ
発売日:2009/01/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

土地バブルの仕掛け人が書いた告白本

特命転勤―毎日新聞を救え! Book 特命転勤―毎日新聞を救え!

著者:吉原 勇
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 郵政の資産をオリックスへ譲渡 | トップページ | イディオクラシー(Idiocracy)がついに発売 邦題は「26世紀青年」 アマゾンで先行発売 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/26534720

この記事へのトラックバック一覧です: 毎日と産経が赤字:

« 郵政の資産をオリックスへ譲渡 | トップページ | イディオクラシー(Idiocracy)がついに発売 邦題は「26世紀青年」 アマゾンで先行発売 »