« BlueTrack仕様のを触ってきました | トップページ | iPhoneで株価をチェックする(タッチでもok) »

2008年11月 4日 (火曜日)

テレビの見方 BGM的な視聴になりつつある

ではなぜ、2時間以上の番組を放送しても飽きられなくなったのだろうか? ここからはMの想像になるということだったが、それは人間の集中力が以前より高まった――ということではなく、むしろ「人々が以前より集中してテレビを見なくなったからではないか」というだった。

TBSが「発見」したイノベーションのアイデア

テレビは上の方も言う通り、環境ビデオのようになってきていると思う。今でも娯楽の王様であるが、かなり力が落ちてきている。といってもテレビ上の王様は今のところいない。インターネットも諸侯クラスであって王ではない。

ゲームをやりながら脇でテレビをつけているというこはやったことがある。据え置きのゲーム機での2画面ではなく、携帯ゲーム機ではあるが。

最近はテレビは見ないな。見ようと思う気が起こらないし、ビデオの予約をし忘れることが多い。予約を忘れても残念な気持ちにはならない。予約している時点で見ようとしているのか。

|

« BlueTrack仕様のを触ってきました | トップページ | iPhoneで株価をチェックする(タッチでもok) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/25000482

この記事へのトラックバック一覧です: テレビの見方 BGM的な視聴になりつつある:

« BlueTrack仕様のを触ってきました | トップページ | iPhoneで株価をチェックする(タッチでもok) »