« 消費者庁? 業者庁の間違いでした | トップページ | 米と小麦 »

2008年10月19日 (日曜日)

ルールを変えます (日)米欧

金融危機により日米欧で時価会計の見直し検討 そもそも「時価」と「簿価」の違いとは

アメリカやその4倍ほど影響がある欧州は、粉飾ではなく時価会計をやめなければならないくらい大変ってことですね。確か日本で時価会計を導入当時から不評で、不況下で株の取得価格が時価に換算すると大きく下回っていた時期です。圧力をかけて導入させ、株券を市場にはき出させて買いあさった連中がいたかもね。そう考えると導入したのもその連中のせいか?

時価会計不況 (新潮新書) Book 時価会計不況 (新潮新書)

著者:田中 弘
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 消費者庁? 業者庁の間違いでした | トップページ | 米と小麦 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/24611676

この記事へのトラックバック一覧です: ルールを変えます (日)米欧:

« 消費者庁? 業者庁の間違いでした | トップページ | 米と小麦 »