« 漢検のススメ | トップページ | 人のいないところで広告を出す役所 »

2008年9月25日 (木曜日)

投資銀行が終わるそうです

アメリカ金融帝国の終焉

ついにマネーゲームの総本山が崩れだした。レバレッジを何倍もかけて利益も何倍にもなるが、一度崩れると何倍がマイナスに振れて酷いことになる。怖いね。

ぐっちーさんの解説(昔の記事)によると、アメリカはどん底の80年代に工場を捨てて投資に舵を切ったそうだ。それから一度も深刻な不況がなく世界の金融帝国として20年間繁栄を続けてきた。国内で稼ぐ金の40%が金融部門である。

だがこの分野に終わりが近づいているかもしれない。

カジノ資本主義が終わったらアメリカは何で食っていくのだろう。みんなドルを持っていたのは稼いだ金をアメリカに投資していたからだろう。アメリカの強みは投資環境がずば抜けてよかったから。外国企業が自国に投資できない金をアメリカに持って行った。

投資銀行青春白書 Book 投資銀行青春白書

著者:保田 隆明
販売元:ダイヤモンド社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


アメリカでは日本にあるような普通の銀行(商業銀行)と投資銀行(証券会社?)に分かれています。法律(グラス・スティーガル法 1933年 wikiより)で分けた。モルガンでもJPモルガンが普通銀行、モルガンスタンレーが投資銀行といういことになっている。その後、法律が変わってJPモルガンも投資銀行業に進出しました。日本は銀行と証券を分ける法律を最近変えたよね。

モルガン財閥ならモルガン家。ロックフェラー財閥ならタイタンが詳しい。

モルガン家(上) 金融帝国の盛衰 (日経ビジネス人文庫) Book モルガン家(上) 金融帝国の盛衰 (日経ビジネス人文庫)

著者:ロン・チャーナウ
販売元:日本経済新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« 漢検のススメ | トップページ | 人のいないところで広告を出す役所 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/23958472

この記事へのトラックバック一覧です: 投資銀行が終わるそうです:

« 漢検のススメ | トップページ | 人のいないところで広告を出す役所 »