« スラムボール=トランポリン・バスケ | トップページ | 地球温暖化なのに寒い »

2008年8月21日 (木曜日)

ファストフードに健康税を

健康被害(肥満)をもたらしながら、その補填を行わないのはおかしい。医療保険は莫大になっているにも関わらず。よって公害と同じようにファストフード店に税金をかけよう!

と、昨日思っていたらロサンゼルスは先に行っていた。

肥満防止でファストフード出店禁止へ 米ロサンゼルス

ロス市当局の調査によると、南ロサンゼルス地区の成人の肥満者率は30%、同地区の飲食店に占めるファストフード店の割合は73%と、いずれも市内の平均を大きく上回っている。

アメリカの肥満の現状はスーパーサイズミーで。これ、実はテレビで殆ど紹介されなかった記憶がある。それはスポンサー様に対する配慮かなあと。アメリカでは最下層の栄養剤がファストフードになっているようで、パンと見せ物のパンの方がこのファストフード=貧乏人の飯。一般的に食料が無くなると反乱が起きるのでそこを抑えておくのが為政者の鉄則です。フランス革命も発端は小麦の値上がりだったか不足だったはず。人間ある程度は我慢できるが、飯が無くなると命がけの行動に出ます。社員のやる気は社員食堂の質を上げること。ご飯とインテリアの両方をね。

スーパーサイズ・ミー DVD スーパーサイズ・ミー

販売元:レントラックジャパン
発売日:2005/07/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

おいしいハンバーガーのこわい話Bookおいしいハンバーガーのこわい話

著者:エリック シュローサー
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« スラムボール=トランポリン・バスケ | トップページ | 地球温暖化なのに寒い »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/23132431

この記事へのトラックバック一覧です: ファストフードに健康税を:

« スラムボール=トランポリン・バスケ | トップページ | 地球温暖化なのに寒い »