« 小女子は「コウナゴ」という稚魚です | トップページ | 広告記事か本気の対策か »

2008年7月16日 (水曜日)

IT技術は中央集権型には向かない

日本のITは20年間進化していない──野口悠紀雄が語る

野口 それは、GPTの種類によるのですね。「電力の場合にはイギリスに不利な技術変化だったけれど、ITは逆で、日本に不利な技術変化」というのが、この本の主張です。

 例えば、ITは1980年代以降のものですから、その頃すでに企業の中堅になっていた世代の人たちが、いま企業において決定権を持っているわけですね。 その人たちは、新しい技術に適応力を持っておらず、ITが得意なのは若い人です。だから、もし会社の中でITを活用するようなことになったら、下克上が起こる

 そういう人たちがITの導入に積極的な考えを持つとは考えられません。これは、日本型企業のひとつの特徴である年功序列制が、新しい技術の導入に抑制的に働くことを意味します。

 (中略)

野口 基本的には、経済全体の仕組みが、中央集権的かあるいは市場中心の分権的な仕組みかということですね。

 中央集権的な仕組みの典型は、ソ連です。つまり、社会主義の計画経済です。日本は、社会主義ではないけれども、さまざまな面で社会主義的・中央集 権的な色彩が強い。大企業は、まさにそうした特質を持っているわけです。その仕組みは、情報通信についていえば、メインフレーム的・中央集権的な情報処理 に適した仕組みです。

 それに対して、アメリカの経済システムは、市場中心型のものです。それほど大きくない組織が多数存在し、それらがマーケットを介してつながってい る。これは、情報システムでいえば、分散的な仕組みに対応しています。1970年代までの世界では、中央集権的、メインフレーム的な社会が有利でした。そ れが、1980年代以降のIT革命によって、分散的な社会に有利に変わってきた。アメリカ的な社会に有利になってきた、ということですね。

少数の資源を使い回す場合は、誰かが中央で交通整理をする必要があった。しかし個人の範囲が拡大していく中では(つまりコンピューターが個人で買える時代では)、その中央が今度はボトルネックになる。状態は常に流動的で、行動の遅れは死につながるか、巨額の費用をかけて買収をしなければならない。安定的、固定的なものは、中央集権型システムが一番効率的に処理できるが、今の時代は中央での調整に手間取り、手遅れになる。しかも生産性が低くなる。

では誰がそれを調整するのか?

それは市場が決める。必要がないものは市場から撤退させる。市場の役目は、要らないものを倒産させるという仕組みである。

類書になるのかはわからないが同じ出版社から出ている新書もどうぞ。

過剰と破壊の経済学 「ムーアの法則」で何が変わるのか? (アスキー新書 042) (アスキー新書 42) Book 過剰と破壊の経済学 「ムーアの法則」で何が変わるのか? (アスキー新書 042) (アスキー新書 42)

著者:池田 信夫
販売元:アスキー
Amazon.co.jpで詳細を確認する

このほんの著者がブログで述べていたことは、計画経済型(中央統制型)のシステムは重工業には向いていたが、最近のサービス産業には向かない。ソ連も重厚長大の時はそれなりに凄かったが、世の中が徐々にサービス産業シフトしていくとソ連は没落し、日本も70年代を境に没落していった。失われた10年と言うが実は70年代から日本の失われた時代が始まっている。

サービス産業(ソフト産業)は個性が発揮される場合が多い。漫画が凄かったのはそういった才能がたくさん集まっていたから。もちろん統制なんかはなく、価値は読者という市場が決める。編集者と漫画家の個性が作り上げていたようです。今は編集者はサラリーマン化(中央の統制が効いた末端)しているので面白くないとも。最近は漫画を読まないのでどうなっているかはわからない。

マンガ編集者狂笑録 (水声文庫) Book マンガ編集者狂笑録 (水声文庫)

著者:長谷 邦夫
販売元:水声社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 小女子は「コウナゴ」という稚魚です | トップページ | 広告記事か本気の対策か »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/22343386

この記事へのトラックバック一覧です: IT技術は中央集権型には向かない:

« 小女子は「コウナゴ」という稚魚です | トップページ | 広告記事か本気の対策か »