« ブランドを買う人間がブランドの価値を下げる | トップページ | 金融vs.国家 »

2008年6月 1日 (日曜日)

本日夜9時より 新ニッポン人 お金を使わない20代若者

久米宏・経済スペシャル“新ニッポン人”現わる!テレビ東京

右肩あがりの時代ならいざ知らず、年金も医療も安心できないのでとりあえず貯蓄に回すのは当然である。もの買わなくなったなあ。ネット時間を潰すこと(暇つぶし)が多くなったが、これは固定費がかかっているんだよね。そういった意味で金は使っているかな。

追記:半径○メートル以内で暮らす若者とはこれだと思う。

なぜ若者は「半径1m以内」で生活したがるのか? (講談社+α新書 364-1C) Book なぜ若者は「半径1m以内」で生活したがるのか? (講談社+α新書 364-1C)

著者:岸本 裕紀子
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ちらっと見た感じですが放送内容は既知のことでした。

バブル後の世代はとにかく不安です。

試しにあなたの子供の筆箱を見てみてください。大きな筆箱に一杯詰め込んでいるでしょう? 不安なときはとにかく貯め込むものです。子供はお金を稼いでいるわけではないので、貯めると言ったら筆箱(の中の筆記用具類)ぐらいしかない。そういった時代なんですよ今は。

企業側からの視点で若者の消費動向をみると

金融機関が貸し渋りをやったとき、企業はリストラを推し進めお金を蓄え始めた。借りられると思ったときに借りられなかったので、企業の対策は貯蓄 へと走る。企業がやることを人間がやらない理由はない。だから貧乏層(若いときは金がない)は貯蓄に励む。何かあったら貯蓄なしだと突然死が待っている。 だからこそ貯蓄。

統計的には貯蓄率は落ちているが、これは老人世代が貯蓄を取り崩しているからだそうだ。貧困層が増えていると思ったけど統計に表れるまで は時間がかかるかな。まあその分企業が貯蓄をするので投資には問題がない。ハゲタカファンドはこの貯蓄を狙ってくるのではないだろうが?

消費癖がある人、支出を見直したい人のための実線ガイド

買わない生活を実践するスレッド→(Юとにかくオマイら物買うな、金使うなЮ [28])。ここを読むと意外に使ってしまうのが難点。書籍なので図書館に行けば済む話なんだけどね。

|

« ブランドを買う人間がブランドの価値を下げる | トップページ | 金融vs.国家 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/21316954

この記事へのトラックバック一覧です: 本日夜9時より 新ニッポン人 お金を使わない20代若者:

« ブランドを買う人間がブランドの価値を下げる | トップページ | 金融vs.国家 »