« 地震の備え SONY 手回し充電ラジオ | トップページ | 地方の末期治療 »

2008年5月15日 (木曜日)

奪い合う支援物資(四川省大地震)

蒼天已死 黄天當立

被災者が支援物資奪い合い、運搬中の車に殺到…四川大地震

これが普通なんだがね。日本人は行儀が良すぎるのかもしれない。中国を知る三冊の記事で一番目にあげた本は、実は改題してある。元々の名前は『妻も敵なり』。中国人は人を信用しないそうで、それだけ中国は生活が大変ということになる(詳しく知るには『中国原論』でホウの考え方を)。中国人を嘲笑して日本に生まれて良かったなあ、で、終わらせるのではなく、行動原理を理解するのが真の国際化である。

小室直樹の中国原論 Book 小室直樹の中国原論

著者:小室 直樹
販売元:徳間書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 地震の備え SONY 手回し充電ラジオ | トップページ | 地方の末期治療 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/20970537

この記事へのトラックバック一覧です: 奪い合う支援物資(四川省大地震):

« 地震の備え SONY 手回し充電ラジオ | トップページ | 地方の末期治療 »