« いつまでも金があると思うな役所の台所事情 | トップページ | 薬屋のようなお菓子屋 »

2008年5月 8日 (木曜日)

狭い日本でこそ流行るもの

個人的な体験が普遍性を帯びてくることはよくあることで、大昔はマルコポーロが書いた東方見聞録(もしかした違っているかもしれない)などがそれにあたる。人類学はそういったことから初めてやがて科学へと進化した。

日本で大ヒットの「モンハン」、なぜ海外で売れないのか

ゲームジャーナリストは入り口部分のところを指摘している。

長い助走期間は嫌われ、最初から大きな山場を見せる。最初論文がなかなか書けない理由は、最初に結論を持ってくるという部分である。この書き方は国語教育では習わない。やるのは情緒表現の感想文。和田秀樹氏が指摘していた部分でもある。論理的文章を書く訓練は絶対にやらせない。だから大学には行って苦労をする。

ハリウッド的な文法も最初に大きな事件を用意して、いったんそこから離れて徐々に始点に戻ってくるような形式が多い。事件・刑事登場・トリック解明・犯人はお前だ・バーロー。

他の個人的な体験をベースにした指摘がある。アメリカ在住の方で、パラダイス鎖国を出した方の指摘はこうだ。

Xboxの「真の敵」とは?

彼女によるとまずアメリカは広い。友達の家に遊びに行くのは車が不可欠。小学生が運転するか? よってオンラインゲームが一番友達と遊びやすい。xboxliveなどマイクロソフトのゲーム機器はそういった面で優れている。

Xbox360:「オンラインでブレークスルーある」 ゲイツ会長、販売不振に反論

オンラインゲームが流行る前のNES時代がどうのようだったのかはわからないが、今は皆さんxboxでヘッドセット(ヘッドフォンとマイクがセットになったもの)で会話をしながらゲームをしているようだ。アマゾンが流行るのもアメリカは無駄にでかいから。買い物に行くより通販が便利。Wiiは完全にパーティーグッズ化している。

上で出した人の本

大人のための文章法 (角川oneテーマ21) Book 大人のための文章法 (角川oneテーマ21)

著者:和田 秀樹
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する


パラダイス鎖国 忘れられた大国・日本 (アスキー新書 54) Book パラダイス鎖国 忘れられた大国・日本 (アスキー新書 54)

著者:海部 美知
販売元:アスキー
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« いつまでも金があると思うな役所の台所事情 | トップページ | 薬屋のようなお菓子屋 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/20842222

この記事へのトラックバック一覧です: 狭い日本でこそ流行るもの:

« いつまでも金があると思うな役所の台所事情 | トップページ | 薬屋のようなお菓子屋 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

おすすめ

  • 高齢者向けテレビ用スピーカー

おすすめ(amazonウィジェット)

暇つぶし(アマゾン)

音楽

  • 癒しの音楽
  • 聞き疲れしないスピーカー

    音は良いのですが製品としての質が良くない。

    外付けサウンド(USB接続)

    ヘッドフォン端子の質があまり良くない。

    一万円前後のUSBオーディオ入門機

amazonウィジェット

  • 乾電池で動くデジカメ
無料ブログはココログ

Google Analytics




アクセスカウンター

  • 3カウンター