« タブーは感覚ではなく社会的制約かも | トップページ | 低価格なNEC無線ルータ DSやPSP用に »

2008年4月13日 (日曜日)

軍隊を脅かすグローバリズム

「グローバリズムの結果」:航空機の偽造部品が米軍で深刻な問題に

その原因は、グローバリゼーションと、1990年代から開始された、民間の既製品の採用を奨励する国防総省の方針という2つだ、とRobert Ernst氏は述べている。

基本的に外国企業からも納入しているのかな? 民生品の方がかなり安く手に入る。昔は軍事技術を民間転用していたが、今は民間部品で軍備をつくっているのか。でも軍事用は信頼性が高くないといけない。NASAでは古い世代の製品の特注品を使っていた。

そういえば飛行機のメンテナンスを某国に発注していた某企業は大丈夫なのか。なんかまずいことがあったと記憶しているのだが。

人々はなぜグローバル経済の本質を見誤るのか Book 人々はなぜグローバル経済の本質を見誤るのか

著者:水野 和夫
販売元:日本経済新聞出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ちなみに軍隊の民営化があるが内容は兵站といって学校給食を請け負うような業者(相手は兵隊)から警備会社という事実上の傭兵まで幅が広い。国際法?的には軍事行為は国家の専権事項なので民間が行うとそれを取り締まる規定がないそうだ。国内なら警察が取り締まるが、戦争が起きている国で治安を守る存在が機能するわけがない。犯罪者にとってやりたい放題。で誰も取り締まれない。アフリカでやりたい放題という。アフリカは資源国家なので内戦が起こる要素があり政治も安定しない。故に傭兵の活躍する素地がある。最近は下火で不況とか。給料なしで飯代だけがでると元傭兵が語っていた。戦場カメラマンは戦争がないとおまんまの食い上げになる。

戦争請負会社 Book 戦争請負会社

著者:P.W. シンガー
販売元:日本放送出版協会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« タブーは感覚ではなく社会的制約かも | トップページ | 低価格なNEC無線ルータ DSやPSP用に »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/20114177

この記事へのトラックバック一覧です: 軍隊を脅かすグローバリズム:

« タブーは感覚ではなく社会的制約かも | トップページ | 低価格なNEC無線ルータ DSやPSP用に »