« 小学生が集団で | トップページ | 「今のロシア」がわかる本_ロシアの地政学 »

2008年4月30日 (水曜日)

地方終わりの始まり

住まいのプロが教える30の警告 「この街」に住んではいけない! Book 住まいのプロが教える30の警告 「この街」に住んではいけない!

著者:中川 寛子
販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「ガソリン」暫定税率、再可決へ…民主は欠席の方針

地方ほどガソリンを使うところはない。理由は車で生活しているから。都会で言うママチャリと同じくらいだそうだ。この一ヶ月で原油高で前より税抜きでも5円上がっている。25円の税金と合わせて30円上がる。平均でリッターあたり160円がこれからの価格になる。ま、その地方からの物資で成り立っている都市部も辛いわけだが。ガソリンで運んでくる食料が築地に集まる。

実は安い日本のガソリン税 「欧州では引き上げ傾向」

と目先を変えさせる戦法に必死ですが、地方は今、死にかけているので短期では公共事業で食いつなげるが、長期では皆さん脱出して行くでしょう。鹿児島まで新幹線が来るが福岡に人物金を取られるでしょう。瀬戸大橋ができたとき、四国から出て行く人が増えて町が寂れたという話が(検証なし)あるからです。強いところにみんな引っ張られていくものだよ。国内非関税障壁としての地理的要因が無くなるんだから。

短期でも影響はある。ガソリン増税で収入は増えないが地方では車に乗らないと生活できないという特殊な事情もあるわけで。グーグルマップ(写真を選択してね)で見ればわかるが、田舎は駅前しか町になっていない。さすがに県庁所在地は大きい町並みがあるが。

道路で食っている人は金が入るが道路で生活をしている人はガソリン代が上がって大変だなあ。車は最高の贅沢品になっている。役所も産業別構成になっているので旧建設省は管轄する河川や橋、道路が無くなるとおまんまの食い上げなので組織維持として道路は必要。

酷道をゆく 日本全国の「酷い国道」を走る!! (イカロス・ムック) Book 酷道をゆく 日本全国の「酷い国道」を走る!! (イカロス・ムック)

販売元:イカロス出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

上の記事で地球温暖化とかエコ商品は嘘が多い。エコ・健康食品・(ど忘れ)が三大怪しい商品という書き込みを2ちゃんねるで見たが確かにと膝を叩いてしまった。

メタモフィギュア To LOVEる -とらぶる- 西連寺春菜 スイムスーツVer. Toy メタモフィギュア To LOVEる -とらぶる- 西連寺春菜 スイムスーツVer.

販売元:バンダイ
発売日:2008/08/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この道路特定財源の始まりは新潟の偉い人が始めたもの。もともと道路網の整備目的で始めた税金である。初めの頃は意味があった。投資効率が年々下がるのは発展の証拠で、もう作らなくても良いのではないか? という話になってきた。日に何台通るかわからないところまで道路を整備しなければならないくらい道路は飽和してしている。

高度経済成長は復活できる (文春新書) Book 高度経済成長は復活できる (文春新書)

著者:増田 悦佐
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

書評で読んだのだが上記の書籍によると、70年代に地方に投資したおかげで都市部に人口が集まらなくなった。だから効率化が妨げられたという。これからは都市部に投資を集中して効率化を図ろうという勢力と地方の格差是正というバラマキ型の対立でしょう。バラマキ型を批判していたのは野党勢力なんだけどね。

東京のどこに住むのが幸せか (セオリーBOOKS) Book 東京のどこに住むのが幸せか (セオリーBOOKS)

著者:山崎 隆
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 小学生が集団で | トップページ | 「今のロシア」がわかる本_ロシアの地政学 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/20664565

この記事へのトラックバック一覧です: 地方終わりの始まり:

« 小学生が集団で | トップページ | 「今のロシア」がわかる本_ロシアの地政学 »