« ケータイは車の代わり | トップページ | 需要一回りした? 液晶テレビ »

2008年4月24日 (木曜日)

やっぱりね 郵政民営化の理由と米国は外資規制になる

郵政民営化は郵貯を外資に差し出すことだと言われていたけどやっぱりね、ということでした。投資先として良い方なので正面から切り込むと否定され陰謀論として冷笑される。

竹中平蔵「民営化した日本郵政はアメリカに出資せよ」 BS番組で

   竹中教授は、資金量でいうと300兆円を有する巨大な政府系ファンドだった郵政公社が民営化したとして、「アメリカから見ると安心して受け入れられ る、民間の資金だ」「アメリカに対しても貢献できるし、同時に日本郵政から見ても、アメリカの金融機関に出資することで、いろいろなノウハウを蓄積し、新 たなビジネスへの基礎もできる」などと述べたという。

貢献の意味がわからない。ジャパン・ハンドラーズのいうところのカウンターパートナーって誰なんでしょう。ハンドラーズという紳士録が売り切れなので新書版の方を紹介しておきます。

世界を動かす人脈 (講談社現代新書 1927) Book 世界を動かす人脈 (講談社現代新書 1927)

著者:中田 安彦
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

こちらは計算官僚の告白録。斜めに読むと面白いらしい。

さらば財務省!―官僚すべてを敵にした男の告白 Book さらば財務省!―官僚すべてを敵にした男の告白

著者:高橋 洋一
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

一方アメリカは、外資規制を始めます。Jパワーは官僚が命がけで守ったことになるのかな?

外資の自国企業買収、事例ごとに精査・米財務省、安保上の問題で
 【ワシントン=藤井一明】米財務省は21日、米国企業の買収を計画する外国企業について、国の安全保障の観点から事例ごとに精査する方針を明らかにし た。財務長官が議長を務める対米外国投資委員会(CFIUS)に関する審査基準の原案を公表。この中で、買収後の持ち株比率が10%に満たない案件であっ ても、CFIUSの手続きに入る可能性があることを明確にした。

|

« ケータイは車の代わり | トップページ | 需要一回りした? 液晶テレビ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/20529289

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱりね 郵政民営化の理由と米国は外資規制になる:

« ケータイは車の代わり | トップページ | 需要一回りした? 液晶テレビ »