« 子供は凶暴になったのか? | トップページ | 環境問題対策はウソが多い »

2008年1月11日 (金曜日)

チャイナリスク 地図もプロパガンダで消します

学研の地球儀から台湾が消えた? 中国が圧力「島」に変更

学習教材大手「学研」(東京都大田区)グループが国内向けに販売する音声ガイド付きの地球儀が、中国政府から圧力を受けて、台湾を単なる「台湾島」と表記 していることが9日、わかった。同社は「中国の工場で生産しているため、中国政府の指示に従わざるを得なかった」と釈明しているが、識者からは「国益を損 ないかねない」と憂慮の声が上がっている。

問題の表記は台湾(中華民国)について、「台湾島」と記載。また、日本の北方では、樺太の南半分や北方領土以北の千島列島をロシア領として色分けしてい る。これらはサンフランシスコ講和条約(1951年)で日本が領有権を放棄した後、帰属先が未定となっているため、日本の地理の教科書では、日露のいずれ にも属さない白表記になっている
 台湾島という呼び名や千島などのロシア領表示は、いずれも中国発行の地図で一般的に使われる表記。

草思社、潰れちゃったんだよね。民事再生法でなんとかなるのかな。良い本いっぱいある会社だったのだが。

中国の危ない食品―中国食品安全現状調査 Book 中国の危ない食品―中国食品安全現状調査

著者:周勍
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 子供は凶暴になったのか? | トップページ | 環境問題対策はウソが多い »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/9811341

この記事へのトラックバック一覧です: チャイナリスク 地図もプロパガンダで消します:

« 子供は凶暴になったのか? | トップページ | 環境問題対策はウソが多い »