« チャイナリスク 地図もプロパガンダで消します | トップページ | (Åh) När Ni Tar Saken I Egna Händer »

2008年1月19日 (土曜日)

環境問題対策はウソが多い

出来ないものを出来ると言ってしまう。そして後に残るのは無惨な結果。
諸悪の根源はグリーン購入法

再生紙ではがきを作る そもそも「無理」だった

「古紙100%再生紙は環境にやさしい」はウソでした

材料工学だったと思うが、その観点から言うと材料は使うほど劣化する。元に近い状態にするにはかなり無理をすることになる。再生紙葉書を葉書並みの品質にすることは初めから無理だった(工場)。しかし営業が大口受注を切れるわけがない。

それから本当か嘘か知らないが、再生紙は質が新品に比べて悪いので、コピー機などの摩耗や故障が多いとか(でも実感がないんだよね)。

環境問題はなぜウソがまかり通るのか (Yosensha Paperbacks (024)) Book 環境問題はなぜウソがまかり通るのか (Yosensha Paperbacks (024))

著者:武田 邦彦
販売元:洋泉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

アルミ缶や古紙(再生紙は葉書に使うのではなく段ボール)は持って行かれても、それ以外は捨てられる現状を知っていればそれほど難しい問題ではない。

リサイクル―回るカラクリ止まる理由 (シリーズ・地球と人間の環境を考える) Book リサイクル―回るカラクリ止まる理由 (シリーズ・地球と人間の環境を考える)

著者:安井 至
販売元:日本評論社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ケータイ電話は金鉱である。回収コストが安ければかなりの儲けになるよ。今金が上がっているし。

追記:価格上昇でした。

盗まれるのはアルミ缶と古紙だからね。その昔、古紙は税金(で無駄に回収していたのに価格が上昇すると泥棒される有様。

追記2:ペットボトルのゴミは中国が買っているそうです。だからリサイクルが出来る。ゴミか資源か。難しいところです。

再生紙偽装、背景に古紙争奪戦 中国に「買い負け」

中国が世界をメチャクチャにする Book 中国が世界をメチャクチャにする

著者:ジェームズ・キング
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« チャイナリスク 地図もプロパガンダで消します | トップページ | (Åh) När Ni Tar Saken I Egna Händer »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/9953678

この記事へのトラックバック一覧です: 環境問題対策はウソが多い:

« チャイナリスク 地図もプロパガンダで消します | トップページ | (Åh) När Ni Tar Saken I Egna Händer »