« 上に政策、下に対策(中国の諺?) | トップページ | microSDHC対応の携帯電話 »

2007年12月16日 (日曜日)

共同債権買取会社設立を打診 サブプライム基金

αブロッガー賞で入賞した金融人のブログで言われていたことですがようやく動き出したようです。別会社を作ってとりあえずそちらに危ない債権を移す。債権を買い取った整理回収機構と同じかな。

くすぶる米欧金融機関の損失拡大懸念、中銀緊急策でも株安進行 (ロイター)

みずほ・三井住友含め打診 米サブプライム基金へ融資

 基金は金融機関から債権を買い取り、それを元に証券を発行。機関投資家に販売する。販売額が少ない場合、銀行団が肩代わりして融資する。

日銀に塩漬けされている米国債を担保に差し出すのはどうだろう。どうせ売れないんだし。
サブプライム問題について手っ取り早くわかるにはこれ。サブプライム=クズ債権を世界中にばらまいた。構造的に「それが出来た」理由もわかります。売り主と買い主が別ってところがポイントです。つまり債権(住宅ローン)を買って誰かに売りつけてしまえばローンの審査も適当になる。自分で貸した金も証文ごと誰かに売れば自分のリスクなくなる。手数料で大儲け。

サブプライム問題とは何か アメリカ帝国の終焉 [宝島社新書] (宝島社新書 254) Book サブプライム問題とは何か アメリカ帝国の終焉 [宝島社新書] (宝島社新書 254)

著者:春山 昇華

販売元:宝島社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

|

« 上に政策、下に対策(中国の諺?) | トップページ | microSDHC対応の携帯電話 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/9393763

この記事へのトラックバック一覧です: 共同債権買取会社設立を打診 サブプライム基金:

« 上に政策、下に対策(中国の諺?) | トップページ | microSDHC対応の携帯電話 »