« ファイナルファンタジータクティクスの次作発売 | トップページ | 防衛事務次官対小池大臣 沖縄利権 »

2007年10月20日 (土曜日)

TBSの捏造放送?

Q:このスレの主旨は?今来た人用に説明して。
A:タイトルのとおり「TBSが偏向報道・捏造編集した一部始終」が
 ブログで明らかにされて、TBS批判が盛り上がっているというのが主旨です。

Q:TBSの取材を受けた企業が悪い。
A:その通りです。販売元は、ブログで、TBSなんかの取材を受けことを
 世間の皆様にお詫びしております。

Q:今回、捏造編集はあったのか?
A:販売元の担当者の発言が捏造編集されています
 会話の途中を切って、切り貼りして前後をくっつけて一発言に編集しています。
 一回見ただけでは分かりませんが、明らかに編集されています。
 おかげで発言の意味合いが変わってしまいました。悪意ある編集です。
 でも、これはTBSではよくあることです。
 過去にも捏造編集は多くあり、注意を受けたことがありますが反省してません。
 TBSの取材で「まだましです」と発言すると「だましです」と編集されて、
 知らぬ間に悪者扱いされてしまうかも

■経緯を三行で:

   自然な歌声を作れるソフト「初音ミク」が人気

   その紹介と称しTBSが開発元とユーザを取材

   実際の放送内容は事前の説明と異なるオタ叩き

■問題点まとめ:

   ・3時間の取材のうちオタ叩きに使える部分のみ(2分)を
    大きく取り上げる一方で音楽制作シーンはほぼ未使用

   ・事前説明と異なる放送内容になることについては未承諾

   ・コンビニバイトを見下すようなナレーションがあった

■工作員の動向:

   「キモさを晒したのは取材受けた奴自身だろ」
   (※未承諾で放送内容を変更していい理由にはならない)

   「実際にユーザがキモオタなんだから捏造ではない」
   (※上記いずれの言い訳にもなってない)

   「放送局には編集権がある」
   (※事件報道でもないのだから編集権は無制限ではない)

■DTM(DeskTop Music)とは:

コンピュータ操作で全ての音を作成し曲を制作する音楽ジャンル。
録音スタジオも楽器演奏技術も不要なため、アマチュアの制作者も多いが、人の歌声の合成は難しく、ボーカル曲の制作はアマチュアには困難だった。

■初音ミクとは:

話題の「初音ミク」は、このような歌声の合成を目的としたパソコンソフト。
サンプリングされた声優の声を繋げ独自技術で加工して自然な歌声を生み出す。

■これまでとこれから:

このソフトで制作された歌声が動画アップロードサイト等で紹介されるや否や、 多数の注目を集め爆発的ヒットとなった。

歌声までもパソコン上で合成できるようになったため、歌手を呼んでスタジオを 借りたりしなくてよいから、アマチュアでもボーカル曲を作りやすくなったし、 プロユースでも仮歌の作成などに使いやすい。

特にアマチュアは動画アップロードサイトという発表の場を得たこともあって、
音楽制作の裾野が広がる可能性がある。

■余談:

上記のような内容を「商品の紹介」と言う。件の放送に期待されたのもこういう
内容だろうし、テレビならこんな駄文よりもっと伝わりやすく紹介できたはず。

意図的にそうしなかったなら取材相手への背信、能力的にできなかったなら
放送の専門職としての能力不足

ソフト会社がTBS批判 「初音ミク」番組巡る「アッコ」祭り問題


ネットは検証作業が出来るところ。そこを潰すのは戦略的には正しいw ただ証拠を潰すということは嫌われるけど。

【社会】「亀田・反則指示」「秋山・ヌルヌル」事件、“動画投稿”が不正暴く事例に…TBSは全力で証拠映像を削除し、問題シーンの再放映せず

|

« ファイナルファンタジータクティクスの次作発売 | トップページ | 防衛事務次官対小池大臣 沖縄利権 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/8476034

この記事へのトラックバック一覧です: TBSの捏造放送?:

« ファイナルファンタジータクティクスの次作発売 | トップページ | 防衛事務次官対小池大臣 沖縄利権 »