« 弔い選挙の終わり | トップページ | 腎臓(じんぞう)損傷 江口ともみ »

2007年4月25日 (水曜日)

地球に優しくないリサイクル運動

実は燃料大量消費、100%再生紙を廃止へ 日本製紙

 日本製紙は古紙100%の再生紙の販売を9月をめどにやめる。木材チップを使わず環境に優しいイメージがあるが、古紙リサイクルには石油、石炭など化石燃料が大量に必要なため、100%にこだわるべきではないと判断した。

リサイクル幻想
著者は環境問題の専門家ではない。材料工学という立場から工学的に環境問題を論じている。曰く、材料学的に資源は使用する度に常に劣化する。その劣化した資源を再資源化(元の使える状態に)すれば費用がかかる。新しい資源を使うよりも再資源化は費用がかかる。

トイレットペーパーや段ボールはどうなるんだろう。

環境問題はなぜウソがまかり通るのか Book 環境問題はなぜウソがまかり通るのか

著者:武田 邦彦
販売元:洋泉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

大江戸リサイクル事情 Book 大江戸リサイクル事情

著者:石川 英輔
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 弔い選挙の終わり | トップページ | 腎臓(じんぞう)損傷 江口ともみ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/6199252

この記事へのトラックバック一覧です: 地球に優しくないリサイクル運動:

« 弔い選挙の終わり | トップページ | 腎臓(じんぞう)損傷 江口ともみ »