« 裁判官の人情 | トップページ | 人は業深き生き物 姉弟編 »

2007年4月 4日 (水曜日)

人口という名の自然現象は怖い

少子化なのに、教室不足 局地的な人口急増

 異変の理由は、高層マンションの林立だ。ここ数年、バブル崩壊後に企業が手放した物流倉庫や工場などの跡地に大型マンションが次々と建った。

プレハブの理由

大型マンションの建設による一時的な子供の増加なら、10年後には増築した校舎がいらなくなる可能性がある。

 

人口ピラミッドがひっくり返るとき―高齢化社会の経済新ルール Book 人口ピラミッドがひっくり返るとき―高齢化社会の経済新ルール

著者:ポール ウォーレス
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

都市部なので、郊外ではないが一応紹介しておきます。未読なのですが、ネットを漁ると面白そうな本です。積ん読は怖いので買いません。
郊外とは、その地域と何の関わりのない機能(都市部へ通勤するためだけの土地)としてのみ存在する。代替性が高い故に、その土地に何の愛着もない。都市部に近ければどこでも良いのである。

郊外の社会学―現代を生きる形 Book 郊外の社会学―現代を生きる形

著者:若林 幹夫
販売元:筑摩書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 裁判官の人情 | トップページ | 人は業深き生き物 姉弟編 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/5957715

この記事へのトラックバック一覧です: 人口という名の自然現象は怖い:

« 裁判官の人情 | トップページ | 人は業深き生き物 姉弟編 »