« 腎臓(じんぞう)損傷 江口ともみ | トップページ | BIGtotoがキャリーオーバー中で六億円だって »

2007年4月26日 (木曜日)

お馬鹿なのは外務省か内閣か

エリツィン前大統領、露正教で国葬 各国から要人参列 日本は大使のみ

宗教を弾圧したソ連時代を経て、ロシア正教会が国家指導者の葬儀を執り行うのは113年ぶり。

 この国葬には世界各国の現旧指導者が参列し、米国のクリントン前大統領とブッシュ元大統領、ドイツのケーラー大統領、メージャー英元首相、欧州各国の外相のほか、旧ソ連構成国の首脳らが顔をそろえた。日本からは「葬儀に間に合う商用便がなかった」(塩崎恭久官房長官)との理由で斎藤泰雄大使の参列にとどまり、ロシアのメディアは驚きをもって受け止めている。

ジョークなのかサハリン2の意趣返しなのか。兎にも角にも説明をしてもらわなければ。

2007-113=1894年 日清戦争中?

|

« 腎臓(じんぞう)損傷 江口ともみ | トップページ | BIGtotoがキャリーオーバー中で六億円だって »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/6215750

この記事へのトラックバック一覧です: お馬鹿なのは外務省か内閣か:

« 腎臓(じんぞう)損傷 江口ともみ | トップページ | BIGtotoがキャリーオーバー中で六億円だって »