« 中国人は強い | トップページ | あの目はそういう意味があったのか »

2007年3月23日 (金曜日)

中学生にわかりやすく説明して減給処分

この問題は根が深いよ。人権派はまともなのが少ない夢想派(要するに精神論者)が多いから。ちなみに理想主義の行き着く先は「社会主義国家」です。

「自分が大人になって相手に接しろ」を中学生にわかりやすく言うと

「ここにいる君たちは12~13歳の中学生だけど、この中に1人5~6歳の小学生がいると思って行動しろ」

中学教諭:知的障害の生徒にいじめ発言、減給処分 川崎

中学生とは小学生ほど子供(優しい)ではなし、高校生ほど大人ではない。一番複雑な時期なのにね。

関わるなって指導も理解できる。いじめる側はやめないと思うけど。

いじめている生徒にも「その子が見たら目をそらすように、話をしないように、かかわらないようにしなさい」と指導していた。

統合教育が諸悪の根源じゃないのか。

ちなみに養護学校ではその子にあった指導を専門の養護教諭がします。公衆電話が使えなくなるかもしれないと言うことが悩み事。理由は経済的なもの。NTTも民営企業ですから。

734 :名無しさん@七周年:2007/03/23(金) 15:09:44 ID:AuRqsThO0
厨房のころ学内にいた知的障害を持った子に抱きつかれたり
いろいろと触られたりした
力も強いし言葉も通じず、ヘラヘラしながら触ってきててすごい恐怖だった
自分以外の子も結構やられてたんで、みんなで先生に言っても
我慢しろ、しょうがないんだ、近寄るな、男子に威嚇してもらえ、で終了だった
玄関とか中庭の掃除のとき女子はビクビクしてた
知的障害を持った女の子も階段の上から人を突き落とすクセがある子もいたし…
そういうことされた時突き飛ばしたりして逃げると「うちの子は仲良くしたいだけなのに」     なんて親がねじ込んでくるからホント始末が悪い
今でも道路で障害者の人とすれ違う時絶対に目をあわせないし近寄らない
怖くてたまらないから

739 :名無しさん@七周年:2007/03/23(金) 15:17:25 ID:BAFDavKAO
前にも書いたけど…
知的障害の子と小学校1、2年同じクラスだった。    
いつも石投げられたり突き飛ばされてた。
プールの時は頭を水の中に押さえ付けられたりと     本当に怖かった。
家の方向が同じだからと「一緒に帰ってあげて」     毎日が嫌だった。    
今でも知的障害の子は怖い。

|

« 中国人は強い | トップページ | あの目はそういう意味があったのか »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/5789927

この記事へのトラックバック一覧です: 中学生にわかりやすく説明して減給処分:

« 中国人は強い | トップページ | あの目はそういう意味があったのか »