« 新しい窓(パソコン・携帯)を憂う古い窓(テレビ) | トップページ | パレスチナで日本製のアニメがデモ用プラカードに使われる »

2007年1月24日 (水曜日)

人の迷惑顧みず

宇宙に巨大な「破片の雲」
国際ステーションに衝突も
2007年01月23日 19:01 【共同通信】
 【ワシントン23日共同】中国の弾道ミサイルによる人工衛星破壊実験を受けて、米政府当局者らは22日、宇宙空間に破壊された衛星の破片によるスペース デブリ(宇宙ごみ)が大規模な「雲」を形成しており、各国の衛星のほか、国際宇宙ステーションにも衝突する恐れがあると警告した。ロイター通信が伝えた。

中国の衛星破片、軌道にびっしり…人工衛星などに脅威

 中国の弾道ミサイルによる衛星破壊実験で発生した約10センチ以上の破片(デブリ)が地球の上空を大量に取り巻き、国際宇宙ステーション(ISS)や人工衛星が危険な状態にさらされていることが米民間分析機関によるコンピューター画像の分析で明らかになった。
(中略)
北米航空宇宙防衛司令部が正確に把握した大きさ10センチ以上と見られる517個のデブリの軌道データなどをもとに、日本時間先月12日の破壊から14時間の動きを追跡した。

宇宙は広大ではない。スペースデブリは衛星を傷つける。そのことを題材にしたマンガです。

プラネテス (1) プラネテス (1)

著者:幸村 誠
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

プラネテス 1 DVD プラネテス 1

販売元:バンダイビジュアル
発売日:2004/04/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

こっちは報告書。

中国が世界をメチャクチャにする Book 中国が世界をメチャクチャにする

著者:ジェームズ・キング
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認す

なぜ世界中でマンホールのフタや電線が盗まれるのか?

それは金属需要の急増が招いた、中国による国を挙げての資源漁りに端を発していた---!

改革開放に政策に転じて30年。13億のマンパワーを持ち、グローバル経済の波に乗った中国は、いかにして世界を脅かすにいたったか。各地で起きている深刻な事態を取材した驚愕の報告!

  (耐震偽装問題の時、鉄骨の強度不足が問題となったが、それは資源価格の高騰が原因。要するに百万円で買える鉄の量が減ったので、マンション価格を上げずに少ない鉄骨量で設計建築したという話らしい。危ない建築がなされた年代は、鉄の価格が上がった200X年以降の数年間だというが詳しくはわからない)

中国人は昔から大飯喰らいで有名だそうで、現地人(つまり華僑と現地人の比較)の五倍を食べると昔のヨーロッパ人は記録しているそうです。

となると、環境面への配慮は、中国への牽制? ブッシュ大統領の一般教書演説も環境面のことを言うらしい。つまり対中政策は、人権ではなく環境保護ということかな。議会も多数党が民主党なのでそのつながりとして、民主党の元副大統領のゴア。

不都合な真実 Book 不都合な真実

著者:アル・ゴア
販売元:ランダムハウス講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

中国の環境汚染。日本も笑っていられません。グーグルアースで上海の東に何があるかを確認してください。

やばいよ、やばいよ

自衛隊をネパールへ 省昇格後初の海外派遣(共同通信)
 政府は23日、ネパールで展開予定の軍事監視団に5-10人の自衛隊員を国連平和維持活動(PKO)協力法に基づき派遣する方針を固めた。国連安保理事会の決議採択を受け2月にも閣議決定する。防衛省昇格後初の海外派遣となる。武装組織ネパール共産党毛沢東主義派と政府側が昨年11月、包括和平協定を締結。停戦合意や中立的立場維持などPKO参加5原則を満たし自衛隊員の安全は確保可能と判断した。 [共同通信社:2007年01月24日 08時00分]

ネパールは中国とインドに国境を接している。大国の狭間にある小国の悲哀。

中国との宇宙協力を凍結=米政府が対抗措置-衛星兵器実験 (2月3日10時0分配信)

|

« 新しい窓(パソコン・携帯)を憂う古い窓(テレビ) | トップページ | パレスチナで日本製のアニメがデモ用プラカードに使われる »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/5054541

この記事へのトラックバック一覧です: 人の迷惑顧みず:

« 新しい窓(パソコン・携帯)を憂う古い窓(テレビ) | トップページ | パレスチナで日本製のアニメがデモ用プラカードに使われる »