« 年賀状遅配。サービスが低下しているじゃん | トップページ | 人の迷惑顧みず »

2007年1月22日 (月曜日)

新しい窓(パソコン・携帯)を憂う古い窓(テレビ)

古い窓
窓=ガラス窓=テレビ

新しい窓
パソコンのモニター(液晶画面)

さて、情報をコントロールしてきた側が新しい窓の情報コントロールを憂う番組。NHK特集「グーグル革命の衝撃」(http://www.nhk.or.jp/special/onair/070121.html#)

グーグルの凄い(怖い)ところはあらゆる情報を集め数学的に解析し提供すること。集める数が多ければ多いほど情報の精度は高まる。昔は調べるのにお金がかかったのである程度は経験で決めていた。すでにあなたの検索した言葉は、検索されていて、その言葉を検索した人はこういう言葉(情報)を知りたがっている。つまり先行者がいるのであなたの趣味や興味は、たいていのことはわかっているのよ、と言うわけです。(FBI心理分析官は刑事の感をある程度、統計的にまとめたものの実証例。例えば犯罪現場を見て、高学歴・白人・35歳くらいとわかる。それをネット上でやるのがグーグル・アマゾン

例えば認知症。あなたの親族が認知症になれば、「認知症」と検索するでしょう。しかし、すでに検索している人が100万人はいるので、必要な情報が十分に検索結果に表示できている。しかも、今検索したあなたの情報も保存され、30年後、子供の世代が検索するときに利用される。昔から言われてきたこと=格言をネット上で新たに構築するようなものかな。否、受験対策と同じ事をやっているだけ。その規模がやたらでかいということ。

グーグル八分とは何か Book グーグル八分とは何か

著者:吉本 敏洋
販売元:九天社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する  文春新書 (501) Book グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する  文春新書 (501)

著者:佐々木 俊尚
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

これはお勧め。あなたの町にピアノの調律師は何人いるか?
答えは、正しい数字ではなく、どうやってその数字を導き出したか。

統計学を拓いた異才たち―経験則から科学へ進展した一世紀 Book 統計学を拓いた異才たち―経験則から科学へ進展した一世紀

著者:デイヴィッド サルツブルグ
販売元:日本経済新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

下の広告に何が載っているのか気になる。

|

« 年賀状遅配。サービスが低下しているじゃん | トップページ | 人の迷惑顧みず »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/5030537

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい窓(パソコン・携帯)を憂う古い窓(テレビ):

« 年賀状遅配。サービスが低下しているじゃん | トップページ | 人の迷惑顧みず »