« ドラクエ9が任天堂DSで | トップページ | 金の事を考えない法律 »

2006年12月13日 (水曜日)

最近の教育の成果は図書館の憂鬱

図書館の本、傷だらけ…「切り抜き」「線引き」横行
 各地の公立図書館で、雑誌などから写真や記事を切り取ったり、専門書に蛍光ペンで線を引いたりするなど、図書を傷つける行為が増加している。

 中には、閲覧室で堂々と雑誌を切り取り、職員から注意されると「どうしていけないの」と反論する人もいる。

 公共の財産を傷つけてはいけないという最低限のルールを破る行為の横行に、図書館側は「社会全体のモラル低下の表れでは」とため息をついている。

書き込みと切り取りはやめてくれ。ページが抜けているとまさに読めない。連載物を途中から読む苦痛と同じ。線を引くのは思考を邪魔される。

|

« ドラクエ9が任天堂DSで | トップページ | 金の事を考えない法律 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/4520865

この記事へのトラックバック一覧です: 最近の教育の成果は図書館の憂鬱:

» 公立図書館で、書き込まれたり、傷つけられたりした本を見たことがありますか? [ヤフーアンケートから見る現代社会]
公立図書館で、書き込まれたり、傷つけられたりした本を見たことがありますか?(実施期間:2006年12月12日~2006年12月18日)傷つけられた本に怒りと嘆き [続きを読む]

受信: 2006年12月20日 (水曜日) 午後 02時47分

» 吉数ばかりだったらよいのか [良運の命名と姓名判断]
姓名判断では、おもに画数の吉凶で判断します。天運、人運、地運、外運、社会運、家庭運、総運・・・という感じでみますね。このときに、すべて吉数の人がいます。命名も、なんとか全部吉数になるようにと考えます。でも、すべてが吉数だったら、良い名前かという...... [続きを読む]

受信: 2007年3月 2日 (金曜日) 午後 12時50分

« ドラクエ9が任天堂DSで | トップページ | 金の事を考えない法律 »